2ちゃんねる,VIPのSSスレを保存。いつでもラブライブ!スレ見てニヤニヤできます。PCでもスマホでも妹スレ読めます。

人気のSSスレ 全て見る

最近取得したSS 全て見る

評価の高いSS 全て見る

喪黒福造「あなたに究極の自由を与えてあげましょう」シリア人質ジャーナリスト「ぜひお願いします…!」

57 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2018/11/03 22:45:51  最終書き込み時刻:2018/11/04 01:18:45 

1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします: [] 2018/11/03 22:45:51:51 ID:
喪黒「私の名は喪黒福造。人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。

    ただの『せぇるすまん』じゃございません。私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。

    この世は、老いも若きも男も女も、ココロのさみしい人ばかり。

    そんな皆さんのココロのスキマをお埋めいたします。

    いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。

    さて、今日のお客様は……。

    安田順平(44) フリージャーナリスト

    【自由を極めた男】

    ホーッホッホッホ……。」


2以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします: [] 2018/11/03 22:49:03:03 ID:
夜の繁華街、カメラを持った記者が2人組で一人の髭面の男を追いかけ回している

マスコミ「安田さん!お話を聞かせてください!!」

安田「私はもう話すベきことは話した!!つきまとわないでくれ!!」

テロップ「安田順平(44)フリージャーナリスト」

マスコミ「あらゆる媒体であなたについて賛否分かれています!それに対してどう思いますか!?」

安田「言いたい者は好きに言えばいい!それこそ表現の自由だろう!私から言う事はない!」

その騒ぎに周りの人間も安田の存在に気付きざわめきだす

通行人たち「おいあれ…テロリストの人質になった人じゃね…」ザワザワ

安田(くそっ、周りまでざわめき始めたぞ。ええい仕方ない)

安田は記者をまこうととっさに路地裏に入った。まったく馴染みのない場所だったが
とにかく記者から逃れたくてでたらめに狭い路地を進む。が、諦めることなく記者は追ってくる

安田「しつこい奴だ。普段は私達からネタを買うだけの無能の癖に…」

その時、突然何者かの手が伸びて安田を掴んだ。ゴミ捨て場の奥に強引に引っ張られる

3以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします: [sage] 2018/11/03 22:49:37:37 ID:
はよ

4以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします: [] 2018/11/03 22:50:27:27 ID:
マスコミ「くそっ見失った!まだ近くにいるはずだ。探そう!」

ばたばたと走り去っていくマスコミ。それをゴミ山の後ろからそっと覗く喪黒

喪黒「ホーッホッホッホ、行ってしまいましたよ。何やら追われていたようですなあ」

そう言いながら怪しげな笑顔を浮かべる喪黒を警戒し睨みつける安田

喪黒「おやぁ?もしかしてあなたジャーナリストの安田さんではないですかぁ?」

安田「白々しい、どうせあんたもどっかの記者なんだろう」

喪黒「とんでもない。私はこういう者です」

安田「ココロのスキマお埋めします…?なんで私を助けたんだ」

喪黒「困ってる人を見るとついお節介を焼いてしまうタチでしてねぇ」

喪黒「まだ記者さんも近くをうろついているでしょう、私の行きつけの店に隠れておくのはどうです?」

気が進まなかったがまた記者に追い回される事を考えると他に選択肢はない
苦々しい表情のまま喪黒の後をついていく安田

5以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします: [] 2018/11/03 22:51:32:32 ID:
BAR魔の巣、時間が経つにつれ酒の勢いも手伝いつい溜まっていたものを喪黒に吐露する安田

安田「英雄扱いも戦犯扱いもこっちは望んじゃいない。意見なんか求められても知るかって話ですよ」

喪黒「ホーッホッホ、まあ周りが勝手に熱くなって盛り上がってる感じは否めませんなあ」

安田「ネットじゃ安倍信者が日本に損害を与えた国賊安田を殺せだの死ねだのバンバン書き込んでる」

安田「損害って日本が身代金を払ったのか?と問われればそれを認めるわけにはいかないから否定する」

安田「だったらお前らは何に怒ってるんだ?となる。まったく薄っぺらい連中ですよ」

喪黒「そこを認めてしまうと安倍総理はテロ支援総理になってしまいますからねえ。辛いところです」

安田「その矛盾を埋められないから今度は自作自演説なんてものを流して盛り上がってる。救いようがない」

喪黒「いやはや辛辣ですなあ」

安田「まあどうせカタール経由で安倍が身代金を払ったんでしょうがね。頼んでもないのいい迷惑だ」

そう吐き捨てるとグイッとまた一杯酒を飲み切る安田

6以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします: [] 2018/11/03 22:53:37:37 ID:
安田「おかげで帰国しても自由などひとつもない。公安が目を光らせマスコミに追われる。通行人にも」

安田「肩書はフリージャーナリストなのに1ミリもフリーじゃないんですよ私は今。笑えない冗談だ」

喪黒「ホーッホッホッホ、確かにあなたにとって自由の無い今の生活はさぞ息苦しいでしょう」

喪黒「ではこれを使ってみますか?」

鞄をさぐると首から下げるタイプのパスケースを取り出す喪黒。パス表面にはFREEとだけ書かれてある

安田「なんですかこれは?」

喪黒「まあフリーパスのようなものです。ほらこんな風に」

そう言って喪黒がそのパスを首にかける。ふと気が付くと喪黒の姿が消えてしまっている

安田「な!?き、消えた!?」

驚き周りを見回す安田。するとまた目の前に喪黒が現れる

喪黒「ホーホッホ、このパスは首にかけるとその人の存在感が一切失われるのです」

喪黒「姿は勿論、声、物音、匂い、身に着けているものまで他人からは認識できないようになります」

安田「そんな…そんなことが!?信じられない…!」

7以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします: [] 2018/11/03 22:54:50:50 ID:
喪黒「どうぞお使いください。きっとあなたのお役に立つことでしょう」

安田「し、しかしこんな怪しげな物…怖ろしくて使えませんよ!」

喪黒「安田さん!!ジャーナリストならば未知なるものに向かっていく勇気が必要です!」

安田「そ、それはそうですが…」

その異様な気迫に気圧される安田。おもむろに指を向ける喪黒

喪黒「あなたのような気骨ある人間こそ、このフリーパスを使うべきなのです!!」

喪黒「ドーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!」

安田「ウワーーーーーッッ!!!!」

8以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします: [] 2018/11/03 22:55:38:38 ID:
魔の巣を出て家路を辿る安田。まるで狐に化かされたような気分だ
貰ったフリーパスをまじまじと眺めている

安田(何かの手品じゃないのか…人間の存在感を消してしまうなんて)

すると宿泊しているホテルの前に待ち構える記者の影を見つける

安田(もうホテルが割れたのか!…ええいくそ、こうなったらやけだ!)

安田はフリーパスを首にかけホテルの玄関へと歩く。しかし記者はまったく気づく素振りが無い

記者「はぁ…さっさと帰ってこねえかなあ安田。待ってる身にもなれよ唐辛子野郎」

その安田が自分の眼前に立っていることに記者は気づかない
恐る恐る声をかけ、顔の前で手を振ってみるがやはり気づかない。安田は驚嘆した

安田「本当に見えていない…声も聞こえていない。はは!なんてすごいモノを手に入れたんだ私は!!」

思わず大声をあげガッツポーズする安田。アッと思い周りを見るが当然誰ひとり反応などしない
まさにこの世で最もフリーなジャーナリストになった瞬間だった

9以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします: [] 2018/11/03 22:56:47:47 ID:
とある高級料亭、既に食事は終わり安倍は一人で何者かと電話で話している

安倍「計画通り国民はウマルと徴用工問題にばかり目が向いている。この隙に移民政策を進めるぞ」

安倍「うまく調整してこの時期にぶつけた甲斐があったというものだよ。ふふふ」

安倍「重要法案を通すときは国民感情を煽る材料を用意する…この国の政治の美しき伝統芸さ」

安田「やはりそういうことか」

突然目の前に現れる安田に驚く安倍。確かに誰もいなかったはずなのに

安倍「ひいっ!う、ウマル!?貴様どこから入ったんだ!!!おい誰…」

安田「玄関からですよ。それと人は呼ばない方がいい。今の発言はしっかり残してますよ?」

安倍「あわわ…あっひぃ!!」ブリュリュリュ…

ICレコーダーを目にし、恐怖のあまり脱糞してしまう安倍。その様子をあきれ顔で見つめる安田

安田「マスコミには流さないのでご安心を。私の件で色々煩わせてしまいましたしこれでチャラにしましょう」

安田「ただし、また私をあなたの移民国家計画に利用しようとすれば…わかってますね」

SP「失礼します。総理、そろそろお時間です」ガラッ

安倍「お、おい!ここにウマルが…アッ!?」

いつの間にか安田の姿は消えている。安倍の青ざめた顔と部屋に籠る糞の匂いにおののくSP

SP「おい!総理がオマルをご所望だ!!急げ!!」

10以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします: [] 2018/11/03 22:59:14:14 ID:
>>1
おいくせえから死ね朝鮮野郎


>>全てを読む(-1001) >>直接開く 前100 次100 最新50
投票にご協力を!

57 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2018/11/03 22:45:51  最終書き込み時刻:2018/11/04 01:18:45 


関連するスレ

喪黒福造「VIPのクズの為にSSを書くなんておやめなさい」モモンガマン「確かにそうですね…」 (136)
喪黒福造「あなたの心のスキマをお埋めいたします」  俺「な、なんなんだあんたは!!」 (79)
喪黒福造「あなたの髪をフサフサにしてみせましょう」波平「本当ですか!?」 (121)
喪黒福造「あなたを小説家にして差し上げましょう」 (89)
喪黒福造「けものフレンズですか…、オーッホッホ…」 (57)

この記事へのコメント

name

comment

サイト内検索

リンク

最近読まれたSS

最新コメント

11/19 Олег Перезво...
11/19 TheresakEs Утро...
11/19 StacyInwap В общем...
11/19 StacyMup В общем...
11/19 Stacybef В общем...
11/19 StacyHaf В общем...
11/19 Stacyunfaw В общем...
11/19 StacyPus В общем...
11/19 StacySueri В общем...
11/19 Bettyopesk цена...

Twitter

About

Contact

スポンサーリンク

SSったー!Twitter SSったー!info