2ちゃんねる,VIPのSSスレを保存。いつでもラブライブ!スレ見てニヤニヤできます。PCでもスマホでも妹スレ読めます。

人気のSSスレ 全て見る

最近取得したSS 全て見る

評価の高いSS 全て見る

LINEで荒らしを駆逐してるグループ「NGO」です

562 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2013/07/26 15:25:32  最終書き込み時刻:2013/07/26 21:14:58 

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/07/26 15:25:32.99 ID:7Kh2TLtj0
荒らしを潰したい人、グループに入りたい人はtanio.0102まで個チャで連絡ください
別名 LINEの調査兵団。俺たちと一緒に荒らしをつぶしましょう。

2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2013/07/26 15:26:07.07 ID:YBZ3/47V0
何が調査兵団だよ

3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/07/26 15:26:09.14 ID:ksCKL/g20
VIP警察レベル

4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/07/26 15:26:30.28 ID:l1ND3JZ20
へんたいさん

5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2013/07/26 15:26:37.02 ID:jnanHo840
今時の奴はLINEでコミュニケーションとってんのか

6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/07/26 15:26:37.68 ID:/sZLxtCS0
かわいいな

7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/07/26 15:27:32.67 ID:QyFM8fX+O
わかったぜタニオ!頑張ろうなタニオ!

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/07/26 15:27:39.03 ID:7Kh2TLtj0
入る気のないやつは黙ってろ
荒らしとして潰すぞ?

9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/07/26 15:29:05.41 ID:tfqTNBvA0
入ったら何してくれる?

10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/07/26 15:29:05.59 ID:bceUyT6d0
ピッチャーびびってるへいへいへい


>>全てを読む(-1001) >>直接開く 前100 次100 最新50
投票にご協力を!

562 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2013/07/26 15:25:32  最終書き込み時刻:2013/07/26 21:14:58 


関連するスレ


この記事へのコメント

  1. 名前:NIGHT MARE 投稿日:2013/09/02 08:04:30
    yo よろ
    殲滅、死滅に居ます

  2. 名前:NIGHT MARE 投稿日:2013/09/02 08:05:33
    yo よろ
    殲滅、死滅に居ます

  3. 名前:Senpaimaf 投稿日:2016/03/30 06:38:16

    http://softesf.gq/2-brothers-on-the-4th-floor-fly.html 2 brothers on the 4th floor fly free mp3

  4. 名前:Thomas2002 投稿日:2016/04/16 15:05:55
    獄めぐり」「胎内めぐり」の気配と陰翳を持っているそれは何故か——

  5. 名前:nathanielmaf 投稿日:2016/04/16 19:04:25
    れる体験——現代の「地獄めぐり」であろう

  6. 名前:sophia83 投稿日:2016/04/17 01:26:50
    出されている印象を受ける

  7. 名前:paige17 投稿日:2016/04/17 04:24:56
    る砂の流動だけである」

  8. 名前:Alexandra2003 投稿日:2016/04/17 04:41:31
    文学作品とは、それぞれ主人公が、紆余曲折を経るところの架空の「地獄めぐり」「胎内めぐり - http://varanlapo.wordpress.com

  9. 名前:Carolinemaf 投稿日:2016/04/17 04:55:34
    ち込んでおり、さもなければ、想像力というよりむしろ空想力の産物とでも言いたくなるような

  10. 名前:Leah2011 投稿日:2016/04/17 05:10:02
    http://bungmegido.wordpress.com ——「顔を失った男の存在証明」の主題

  11. 名前:juan2008 投稿日:2016/04/17 05:25:26
    のように、「箱」の傍らに立ちつくし、早口でぼそぼそと何かを説明しているのであるその

  12. 名前:leah11 投稿日:2016/04/17 05:41:33
    すれば「文学」を感じないこれは、作家が主人公の「箱男」を、知的主体として描いてはい - http://kidstibathe.wordpress.com

  13. 名前:irea2008 投稿日:2016/04/17 05:57:38
    くる

  14. 名前:nicolemaf 投稿日:2016/04/21 04:54:48
    しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
    http://www.mandoctor.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=428989

  15. 名前:jose2016 投稿日:2016/04/21 05:16:45
    部のめざす「小説・文学」と、「物語」「随筆」の違いは何か
    http://www.blaty-kuchenne-granitowe.pl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=101883

  16. 名前:angel1977 投稿日:2016/04/21 05:37:30
    紙面にだらしなく垂れたまま、溜息をもらすしかない
    http://pladebarris.calafell.cat/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=903395

  17. 名前:Julian2008 投稿日:2016/04/21 05:58:51
    なら、現代の文化は、ひとつの芸術ジャンルのみならず、ひとつの〈叡智の形式〉そのものを、
    http://www.anaprog.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=29276

  18. 名前:Xavier1991 投稿日:2016/04/21 06:20:23
    、偶然にも「水」を生み出す逸話は、素晴らしい砂丘全体がポンプになりうる「貯水装置」の
    http://www.kogara.com.pe/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=64846

  19. 名前:Kimberly2004 投稿日:2016/04/21 06:42:01
    さらに「三島由紀夫は、安部ほど高い位置まで近づいていなかった井上靖は、真剣に検討さ
    http://www.asproeste.org.br/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=129947

  20. 名前:blake2011 投稿日:2016/04/21 07:03:26
    こんな説明も、無力な弁護士による最終弁論のように聞こえてしまう
    http://www.polaroiddentalfilm.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=818896

  21. 名前:Leslie2013 投稿日:2016/04/21 07:24:17
    もない日本的情感の染みついた砂であるしかし、この砂の一粒一粒、流砂の描く波紋と、「
    http://www.tdecor.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=66749

  22. 名前:jordan2009 投稿日:2016/04/21 07:46:28
    「小説の価値評価など、いまどきナンセンス、何が文学で何がそうではないかなど、どうでもい
    http://vt36-ru.1gb.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=98643

  23. 名前:Richard1980 投稿日:2016/04/21 08:07:17
    砂の女』の随所で感じた息苦しい不安や、悪夢のような胸騒ぎを、『箱男』には感じない換言
    http://www.forum-anvelope.ro/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=454956

  24. 名前:melissa2003 投稿日:2016/04/21 08:28:56
    『箱男』は、安部公房的な作品を書こうとして失敗したエピゴーネン作家の作品のように見えて
    http://www.cyvsa.com.mx/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=90481

  25. 名前:Sarah79 投稿日:2016/04/21 08:51:30
    その位相では、ひとつの人物や、ひとつの状況、ひとつのイメージが、近景でもあり、なおかつ
    http://www.drarvindsharma.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=405310

  26. 名前:Ryan1974 投稿日:2016/04/21 09:12:27
    な「罠」の確認の試みでもある
    http://sulbrasilgeologia.com.br/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=109528

  27. 名前:paige2014 投稿日:2016/04/21 09:34:29
    りは言い切れない、高次の象徴性を実現した作品との差異が、歴然としていることに驚かされる
    http://rivistastart.altervista.org/joomla/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=3448

  28. 名前:Isabel2015 投稿日:2016/04/21 09:55:34
    なやましさがつきまとうそれは人格形成や、教養の類でもなく、もっと野蛮でアナーキーなも
    http://www.southafrica.indiantimes.co.za/news-24-7-365/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=27505

  29. 名前:James2014 投稿日:2016/04/21 10:17:37
    「芸術至上主義・古典主義作家」三島由紀夫と、「前衛作家」安部公房、さらに井上靖、井伏
    http://www.letzhost.co.uk/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=66040

  30. 名前:Elijah2004 投稿日:2016/04/21 10:39:55
    ろう
    http://casaleao.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=711135')

  31. 名前:carter1975 投稿日:2016/04/21 11:01:21
    先日、スウェーデンのノーベル賞委員会の委員長ペール・ベストベリーなる人物が、「安部公房
    http://www.oswdn.wroclaw.pl/restore-backup-bip/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=4293

  32. 名前:Danielle1980 投稿日:2016/04/21 11:23:14
    そして『砂の女』と『箱男』の二作品は、いったい文学の何がわれわれを打つのかを明瞭に示し
    http://www.stdc-mongolia.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=152161

  33. 名前:Zoe1998 投稿日:2016/04/21 11:45:01
    鱒二、少し時代を経て村上春樹が、この賞の候補者である川端康成、大江健三郎は受賞者だが
    http://www.superyu.idv.tw/joomla/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=7545

  34. 名前:emily02 投稿日:2016/04/21 12:07:40
    条理な砂丘の空間の中で、彼の小市民的インテリとしての輪郭を、明確に際立たせる効果があ
    http://www.petrpalous.cz/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=131653

  35. 名前:Julia2007 投稿日:2016/04/21 12:29:13
    になりかねないにもかかわらず『箱男』に関しては、残念ながらその類の評を肯定せざるをえ
    http://www.sport-schukic.de/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=45236

  36. 名前:Cameronmaf 投稿日:2016/04/21 12:51:07
    獄めぐり」「胎内めぐり」の気配と陰翳を持っているそれは何故か——
    http://www.okmulgeetoday.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=188720

  37. 名前:andrew55 投稿日:2016/04/21 13:13:16
    部のめざす「小説・文学」と、「物語」「随筆」の違いは何か
    http://www.divinisens.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=73677

  38. 名前:sara2013 投稿日:2016/04/21 13:35:01
    文学という抑圧的湿地帯に、これだけの硬質な造形美にあふれた〈砂漠の花〉を咲かせてくれた
    http://www.reliefpal.org/rpal/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=3438

  39. 名前:jenna1983 投稿日:2016/04/21 13:57:22
    まずはこう、断定してみたい
    http://khoei.ca/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=12151

  40. 名前:melanie2013 投稿日:2016/04/21 14:19:39
    換金作物としての目的がはっきりとしたエンターテインメント小説の与える面白さと、文学作品
    http://www.kotaespacioscreativos.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=76059

  41. 名前:Blake13 投稿日:2016/04/21 14:40:40
    「箱から出るかわりに世界を箱の中に閉じこめてやる」
    http://www.diversis.ca/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=58346

  42. 名前:Anthony2007 投稿日:2016/04/21 15:02:08
    うが、それらはすでに、既視感の強い驚きのない風景である
    http://evolutiongrooves.com/joomla2_56/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=15860

  43. 名前:jessicamaf 投稿日:2016/04/21 15:24:38
    遠景でもありうる遠近法のヴィジョンとなる
    http://tattooink.com.mx/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=94715

  44. 名前:sebastian2014 投稿日:2016/04/21 15:46:57
    れるここまで来てはじめて「文学」なのであり、もしそれが死んだ、滅びた、不毛だという
    http://comunicacaofortaleza.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=250609

  45. 名前:arianna1978 投稿日:2016/04/21 16:07:51
    な女の偶像のようにも思え、後半部には奇妙な存在感を増してくる
    http://www.alians-tg.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1073778

  46. 名前:Gavinmaf 投稿日:2016/04/21 16:30:55
    ある!)この種の読書体験には、子宮や産道を経てゆくような悩ましい肉感があり、一種の「地
    http://www.rivo.com.br/site/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2208

  47. 名前:Zachary2012 投稿日:2016/04/21 16:52:59
    無稽は、たとえばアンチロマン風の知的仕掛けに満ちた文学的冒険ではないかと思いたがるだ
    http://securityallianceservices.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=177852

  48. 名前:isaac2011 投稿日:2016/04/21 17:16:10
    作家は、無意識に味わってきた生の経験を、言語による〈世界模型〉の中に流し込むその〈世
    http://www.vimaroni.cl/home/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=10751

  49. 名前:megan1995 投稿日:2016/04/21 17:37:55
    この「ぼく」一人称の物語は、堂々めぐりを繰り返すばかりで、主題も状況も、いっこうに進展
    http://www.thelast9seconds.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=340415

  50. 名前:victoriamaf 投稿日:2016/04/21 18:00:45
    文学という抑圧的湿地帯に、これだけの硬質な造形美にあふれた〈砂漠の花〉を咲かせてくれた
    http://search4home.ca/en/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=751443

  51. 名前:Alexandra2015 投稿日:2016/04/21 18:22:31
    のだしかもこれは、一度味をしめたら、決して忘れられない中毒性の快楽である(だから
    http://www.simchalayeled.org.il/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=147446

  52. 名前:kaitlyn2007 投稿日:2016/04/21 18:44:59
    しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
    http://ufsacademy.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=938446

  53. 名前:Haleymaf 投稿日:2016/04/21 19:08:01
    とうとつに、ノーベル賞選考の逸話を持ち出したのは、文学の評価基準や、文学とは何なのか
    http://www.djcreme.net/inthemix/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5986

  54. 名前:Joseph1971 投稿日:2016/04/21 19:29:02
    ことにラストにおいて登場する《希望》と名付けられた鴉捕りの罠が、「砂の毛管現象」により
    http://www.genex-colombia.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=85474

  55. 名前:Elizabethmaf 投稿日:2016/04/21 19:51:38
    先日、スウェーデンのノーベル賞委員会の委員長ペール・ベストベリーなる人物が、「安部公房
    http://appleservisi.gen.tr/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=114530

  56. 名前:Victoria86 投稿日:2016/04/21 20:13:08
    地獄めぐり・胎内めぐり・鏡の間
    http://ashleypaigekartchner.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=80184

  57. 名前:alexandra1980 投稿日:2016/04/21 20:35:17
    しかし、現代社会を考察する「考えるヒント」の叩き台になりえても、それは「文学」のもたら
    http://eppo.md/index.php/en/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=80503

  58. 名前:Alexismaf 投稿日:2016/04/21 20:58:10
    勿論、フォスターがいっていることは、ゲーテの言う「個から普遍へ」という精神原理と接近し
    http://www.solardobarao.com.br/site/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5790

  59. 名前:jada70 投稿日:2016/04/21 21:19:19
    それは、読むという行為が、そのまま自己の内部階段に降りてゆくことを意味し、それゆえに、
    http://saludvirtualcr.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=32628

  60. 名前:kyliemaf 投稿日:2016/04/21 21:42:56
    いう違いであるまたこの路線の違いを比較することは、思想性のある小説の創作者が陥りがち
    http://www.clas-by-lionel-sorin.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=3685

  61. 名前:Luke2000 投稿日:2016/04/21 22:05:15
    無論この作品にも、「顔」や「仮面」「存在証明」や「社会の中の匿名性」「自己存在の根拠」
    http://www.maternitydepot.net/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=109437

  62. 名前:julia1986 投稿日:2016/04/21 22:27:33
    、偶然にも「水」を生み出す逸話は、素晴らしい砂丘全体がポンプになりうる「貯水装置」の
    http://jvswiss.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=74601

  63. 名前:Ashley1994 投稿日:2016/04/21 22:49:59
    しかし、残念なことに、『箱男』は、いわゆる「アタマで書かれただけの小説」の悪いところが
    http://www.silvashaw.co.za/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=481787

  64. 名前:Benjamin2006 投稿日:2016/04/21 23:11:45
    ての「砂」の存在感であろう啄木に言わせれば「握れば指の間より落つ」ところの、何の変哲
    http://www.prepaidmeters.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=90148

  65. 名前:Jacobmaf 投稿日:2016/04/21 23:34:53
    部のめざす「小説・文学」と、「物語」「随筆」の違いは何か
    http://lasports.ie/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=79806

  66. 名前:Jackson2010 投稿日:2016/04/21 23:56:43
    結果、文字通り「アタマで作った小説」になり果てた好意的な読者は、『箱男』後半部の荒唐
    http://christophernjohnson.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=27536

  67. 名前:isabella2005 投稿日:2016/04/22 00:19:09
    かつて吉田健一は、「作品に感動しなければ、それを理解したことにはならず、そもそも読者
    http://www.energyefficientgroup.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=104958

  68. 名前:sarah2000 投稿日:2016/04/22 00:41:59
    ては残酷な言葉であるが、これは真実だ
    http://greatescapebooks.net/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=67382

  69. 名前:Zacharymaf 投稿日:2016/04/22 01:04:18
    一体、文学の価値評価とは何を尺度とするものなのか
    http://www.elitedocks.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=124494

  70. 名前:maria1986 投稿日:2016/04/22 01:26:16
    が匿名となり、ダンボール生活を始める物語である
    http://www.vimanikacomics.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=91617

  71. 名前:audrey1992 投稿日:2016/04/22 01:48:47
    『砂の女』からはさまざまな寓話、比喩を想起させつつ、ひとつの意味性に収束しないという、
    http://www.emeryvillecenterforthearts.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=131821

  72. 名前:Michael1985 投稿日:2016/04/22 02:11:16
    りすらしていないこれはフォスターにいわせれば、井戸に「バケツ」が下ろされたかどうかと
    http://shiremadar.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=74345

  73. 名前:Connor2014 投稿日:2016/04/22 02:34:30
    ろう
    http://www.ultimateforcerecords.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=140105

  74. 名前:Brianna41 投稿日:2016/04/22 02:56:19
    ろう
    http://ossadaaromas.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=50276

  75. 名前:christian1997 投稿日:2016/04/22 03:17:46
    とに決意する砂のメールストロームの渦底で展開される自由の弁証法の結末である
    http://goescapade.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=135069

  76. 名前:blake46 投稿日:2016/04/22 03:38:40
    日本の作品では『山椒魚』や『抱擁家族』の皮肉な滑稽さをも、重ね合わせることもできるだ
    http://www.swissgarden-cambodia.com/en/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=81435

  77. 名前:maya37 投稿日:2016/04/22 04:00:41
    いい意味でのもどかしさが疼く
    http://www.energyefficientgroup.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=104958

  78. 名前:Adrian2013 投稿日:2016/04/22 04:23:18
    練りあげて、哲学的深みを持った現代の神話を作り上げることこそ、実現すべき方向性だったの
    http://clubtresvalles.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=47056

  79. 名前:Miguel2011 投稿日:2016/04/22 04:44:57
    りは言い切れない、高次の象徴性を実現した作品との差異が、歴然としていることに驚かされる
    http://jaf7.com/component/users/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=381013

  80. 名前:Alejandro2011 投稿日:2016/04/22 05:07:45
    いったい、いつから安部公房の主人公は、安部文学の解説者に成り下がったのだろうと、読者
    http://geeckoltd.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=122905

  81. 名前:joshua1987 投稿日:2016/04/22 05:29:24
    遠景でもありうる遠近法のヴィジョンとなる
    http://basement2finish.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=14573

  82. 名前:kayla2015 投稿日:2016/04/22 05:52:08
    な賞と、文学の価値評価の問題を一緒にすることは危険かも知れない
    http://getraenkeanalytik.info/index.php/de/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=282920

  83. 名前:Blake2009 投稿日:2016/04/22 06:13:04
    その奇怪とすらいえる感銘こそが、われわれが曖昧にも「文学」と名付けている得体の知れない
    http://www.bips.ae/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=8052

  84. 名前:jesse2011 投稿日:2016/04/22 06:35:17
    都市の殺伐さが、心象風景の「詩」として料理されていれば、そこに「文学」が現出するだろ
    http://www.opa-europe.org/j25/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16427

  85. 名前:anthonymaf 投稿日:2016/04/22 06:57:14
    『砂の女』(一九六二年)は、高校教員の主人公・仁木順平が、ハンミョウの昆虫採集の途中に
    http://mamaslesbianas.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=40712

  86. 名前:adrian1980 投稿日:2016/04/22 07:19:09
    しかし、ないものねだりを云々するのはやめよう
    http://www.insightsafetysolutions.ca/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=94459

  87. 名前:Isabel43 投稿日:2016/04/22 07:40:58
    すれば「文学」を感じないこれは、作家が主人公の「箱男」を、知的主体として描いてはい
    http://www.themoneyworkshop.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=699603

  88. 名前:Amelia1981 投稿日:2016/04/22 08:03:49
    練りあげて、哲学的深みを持った現代の神話を作り上げることこそ、実現すべき方向性だったの
    http://www.rayjess.com/main/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=10671

  89. 名前:nicholas2010 投稿日:2016/04/22 08:25:45
    みれた「自己」が、小説空間という「鏡の間」に、まざまざと映し出されるのである
    http://www.clinicadentallucialuis.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=57019

  90. 名前:Justin2002 投稿日:2016/04/22 08:47:54
    どこかで見失ってしまったのではないか安部公房は、作家としてかつて秘めていた暗くくすぶ
    http://www.innova-us.net/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=120437

  91. 名前:Benjamin2004 投稿日:2016/04/22 09:10:57
    いことそれぞれの好みで読めばいい」というような利いた風なセリフが、空々しく聞こえて
    http://hotdogjoe.com/nick/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=11407

  92. 名前:ian61 投稿日:2016/04/22 09:32:13
    る「砂」から、さまざまなメタファーや寓話を読み取る誘惑を、押さえきれない
    http://www.ipubparana.com.br/convencao/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2258

  93. 名前:sydneymaf 投稿日:2016/04/22 09:53:14
    なら、現代の文化は、ひとつの芸術ジャンルのみならず、ひとつの〈叡智の形式〉そのものを、
    http://roddom.kremenchug.info/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=621479

  94. 名前:Jessica2014 投稿日:2016/04/22 10:16:02
    ことによると『砂の女』という作品のみが、例外的な奇蹟・恩寵の類だったのだろうか
    http://fantv.bg.server10.host.bg/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=205984

  95. 名前:taylor53 投稿日:2016/04/22 10:37:29
    リティの確認でもある
    http://dhammasota.org/y/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=17005

  96. 名前:Nathaniel1985 投稿日:2016/04/22 10:59:25
    な女の偶像のようにも思え、後半部には奇妙な存在感を増してくる
    http://www.smartreporters.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=394018

  97. 名前:jacob70 投稿日:2016/04/22 11:20:45
    地獄めぐり・胎内めぐり・鏡の間
    http://www.northtorontotire.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=72746

  98. 名前:nicole2012 投稿日:2016/04/22 11:43:20
    ある
    http://brukivka.kremenets.net.ua/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=37643

  99. 名前:Jordan2016 投稿日:2016/04/22 12:05:11
    リティの確認でもある
    http://www.phosfor.co/maisons/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=3967

  100. 名前:Sarah2013 投稿日:2016/04/22 12:28:37
    す知的悦楽や、情動やリビドーをも巻き込む、あの秘められた愉楽とは別のものであろう
    http://somersethousedc.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=766031

  101. 名前:ameliamaf 投稿日:2016/04/22 12:50:06
    「小説の価値評価など、いまどきナンセンス、何が文学で何がそうではないかなど、どうでもい
    http://www.cryoathome.nl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5030

  102. 名前:stevenmaf 投稿日:2016/04/22 13:11:25
    この作品で最も魅惑的なのは、人間心理や人物造型以上に、むしろそれらを打ち消す否定力とし
    http://www.reportcrime.it/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=342158

  103. 名前:leah2016 投稿日:2016/04/22 13:34:17
    のなさ、空転する知的饒舌など、『箱男』のゆゆしき症例が、すでに前兆として現れているのに
    http://www.textgenesys.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=62235

  104. 名前:Arianna83 投稿日:2016/04/22 13:55:50
    リティの確認でもある
    http://rrdmc.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=95120

  105. 名前:Landon2006 投稿日:2016/04/22 14:19:01
    砂丘の村に迷い込み、砂穴の底に住む女との生活を始める話である仁木は、「砂」のように味
    http://moheban-ahlebeit.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=637588

  106. 名前:matthew28 投稿日:2016/04/22 14:41:03
    作家は、無意識に味わってきた生の経験を、言語による〈世界模型〉の中に流し込むその〈世
    http://www.withoutmasks.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=42051

  107. 名前:Rachel67 投稿日:2016/04/22 15:04:13
    のように、「箱」の傍らに立ちつくし、早口でぼそぼそと何かを説明しているのであるその
    http://www.whitepillar.com.au/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=31999

  108. 名前:Mackenziemaf 投稿日:2016/04/22 15:26:09
    長年リアリズムで鍛えあげてきたどこかの同人誌の私小説作家が、安部公房をはじめて読んで、
    http://thermohauser-rus.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=50713

  109. 名前:nathanielmaf 投稿日:2016/04/22 15:47:54
    箱の内側の落書きや、記述ノートにより、独我論と外界、他者性の問題にまで、踏み込みかけて
    http://www.brainsurgeonsdiet.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=39101

  110. 名前:timothy83 投稿日:2016/04/22 16:10:47
    しかし、まんざら無関係ともいえないだろう少なくとも、文学的価値基準の集合的無意識の
    http://concordewaste.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=37528

  111. 名前:claire2010 投稿日:2016/04/22 16:32:21
    ひょっとしてこの作家は、『砂の女』の穴の底で掘り当てた、あの輝かしい〈創造の源泉〉を、
    http://trade-farm.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=549946

  112. 名前:Richardmaf 投稿日:2016/04/22 16:54:39
    る砂の流動だけである」
    http://emcogroupllc.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=166626

  113. 名前:kimberly95 投稿日:2016/04/22 17:16:58
    創造のリビドーが小説の根幹を貫いているような充実した感銘は、ここにはない
    http://extruschuler.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=128587

  114. 名前:Daniel50 投稿日:2016/04/22 17:38:37
    その位相では、ひとつの人物や、ひとつの状況、ひとつのイメージが、近景でもあり、なおかつ
    http://www.noroccidental.com/eng/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=27477

  115. 名前:savannah76 投稿日:2016/04/22 18:01:24
    言葉と、小説空間を埋めている何百tもの砂の重量が、均衡している 読者は、〈砂のニヒリ
    http://nightclubroyal.es/component/users/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=309941

  116. 名前:elizabeth2008 投稿日:2016/04/22 18:23:22
    るが、これなくして文学はない」
    http://www.cebion.hu/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=51745

  117. 名前:Grace1977 投稿日:2016/04/22 18:45:30
    房は、この作品では、「箱」の中に潜り込んではいないのである腕組みをした不機嫌な演出家
    http://ot-kids.net/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16954

  118. 名前:William1984 投稿日:2016/04/22 19:08:04
    仁木順平は、得体の知れぬ砂の包囲に対して、損得勘定や契約概念といった「社会」を持ち込
    http://www.avanamaco.ir/pe/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2051

  119. 名前:william69 投稿日:2016/04/22 19:31:00
    れたむごたらしさの中に凄絶な美を見出し、「文学のふるさと」といった位相でもある
    http://choice.com.mx/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=148092

  120. 名前:Brian2012 投稿日:2016/04/22 19:52:59
    ある意味で『箱男』は、予言的な作品ですらある平成の現在、東京都内の至るところの公園や
    http://theacornmontessori.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=503025

  121. 名前:evelyn43 投稿日:2016/04/22 20:16:06
    結果、文字通り「アタマで作った小説」になり果てた好意的な読者は、『箱男』後半部の荒唐
    http://www.best4system.net/ntc/index.php/en/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=843

  122. 名前:jasonmaf 投稿日:2016/04/22 20:38:03
    われわれはその「読み」の現場において、直射日光にあぶられた砂の層に隠されながらも、いま
    http://www.mobilebroadbanduk.co.uk/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=43343

  123. 名前:Rachel2002 投稿日:2016/04/22 21:01:08
    のだしかもこれは、一度味をしめたら、決して忘れられない中毒性の快楽である(だから
    http://internetmedium.eu/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=15507

  124. 名前:gavin35 投稿日:2016/04/22 21:23:13
    とに決意する砂のメールストロームの渦底で展開される自由の弁証法の結末である
    http://www.dumalinao.gov.ph/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=123314

  125. 名前:gabriel2012 投稿日:2016/04/22 21:44:51
    一体、文学の価値評価とは何を尺度とするものなのか
    http://www.syac-businesscentre.co.uk/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=119278

  126. 名前:dominicmaf 投稿日:2016/04/22 22:07:44
    さらには、そうとばかりは言い切れないどころか、そこに時代を超越した「文学そのもの」を再
    http://www.mecambiodecasa.cl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=65471

  127. 名前:ethan2000 投稿日:2016/04/22 22:29:47
    鱒二、少し時代を経て村上春樹が、この賞の候補者である川端康成、大江健三郎は受賞者だが
    http://kohanwetblast.com/fa/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=4949

  128. 名前:Autumn2014 投稿日:2016/04/22 22:52:26
    活の荒廃を予告しているしかし、「箱」の空虚な設計図ふうの解説からは、とってつけたよう
    http://eppo.md/index.php/en/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=96838

  129. 名前:Joshua28 投稿日:2016/04/22 23:13:58
    文学という抑圧的湿地帯に、これだけの硬質な造形美にあふれた〈砂漠の花〉を咲かせてくれた
    http://www.pcpiyoquieroyopuedoser.net/web/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=8098

  130. 名前:Lillian1989 投稿日:2016/04/22 23:36:31
    ができなくなる
    http://jolleflowers.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=68497

  131. 名前:Tyler1991 投稿日:2016/04/22 23:59:18
    き密度と奥行きを持ち、再読してなお、細部を吟味するに値する文学作品だ
    http://www.lordland.co.uk/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=13655

  132. 名前:alejandro2015 投稿日:2016/04/23 00:19:49
    性すら感じられる
    http://www.kb-network.co.uk/component/k2/itemlist/user/26118

  133. 名前:brianna2014 投稿日:2016/04/23 00:41:10
    ていることが強調される
    http://www.santorini.odessa.ua/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=46976

  134. 名前:Jenna2014 投稿日:2016/04/23 01:04:27
    どうやら『砂の女』で国際的名声を確立したわずか二年後の『他人の顔』(一九六四年)から
    http://www.dmklawyers.com/EN/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=6468

  135. 名前:ashton00 投稿日:2016/04/23 01:26:27
    しかも、その未分化の情動、リビドー、「深層の個性」との出会いは、井戸の掘削のために最初
    http://www.kenaniadvocates.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=123288

  136. 名前:Morgan2003 投稿日:2016/04/23 01:49:37
    『箱男』(一九七三年)は、いちいち粗筋を再確認する必要はないほど著名な作品だ一人の男
    http://www.puppystoreatdoral.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=208887

  137. 名前:steven2014 投稿日:2016/04/23 02:11:48
    ことによると『砂の女』という作品のみが、例外的な奇蹟・恩寵の類だったのだろうか
    http://www.kellmgt.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=43522

  138. 名前:vanessamaf 投稿日:2016/04/23 02:34:41
    リティの確認でもある
    http://www.dasdata.org/portraitpuppench/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=12045

  139. 名前:ryanmaf 投稿日:2016/04/23 02:56:11
    意識の深層領域へと降りていくからこそ、「個」は普遍的位相へとつながり、瑣末な事象は象徴
    http://gdehome.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=705731

  140. 名前:Samuel2013 投稿日:2016/04/23 03:17:44
    その発見は、地図も、羅針盤も、ダウジング・ロッドも紛失した現代では、文学の新しさや、文
    http://interiorhouse.in/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=98477

  141. 名前:gabriel59 投稿日:2016/04/23 03:40:31
    ていることが強調される
    http://www.jssgroupusa.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=230763

  142. 名前:Chloe77 投稿日:2016/04/23 04:02:05
    なるほど、現代文学らしい斬新な設定とはいえるしかし小説としての中盤からの失速、奥行き
    http://kursi-seo.kiev.ua/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=3791

  143. 名前:julia2007 投稿日:2016/04/23 04:23:39
    無名ということ』フォスター評論集)
    http://www.scientology-leichhardt.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2597

  144. 名前:kimberly24 投稿日:2016/04/23 04:46:31
    少なくとも『砂の女』では、このような事態は起こらなかった主人公・仁木順平の饒舌は、不
    http://www.tintascentercolor.com.br/v2/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=3851

  145. 名前:mary2000 投稿日:2016/04/23 05:08:12
    ダンボール箱は、すでに無残にも解体しかかっているのではないかという疑惑を、打ち消すこと
    http://xn--80afh1akdagfy.xn--p1ai/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=22222

  146. 名前:rachelmaf 投稿日:2016/04/23 05:29:34
    学の実質・実感とは何かを問い直すことに通じるそれは、個々の読者による「読み」のリア
    http://pars-tamin.ir/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=15832

  147. 名前:Sophiamaf 投稿日:2016/04/23 05:52:21
    かつて吉田健一は、「作品に感動しなければ、それを理解したことにはならず、そもそも読者
    http://heritagelm.us/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=89670

  148. 名前:benjamin2015 投稿日:2016/04/23 06:13:37
    『砂の女』からは、カフカや、カミュの作品のみならず、旧約の『ヨブ記』や、ギリシャ悲劇、
    http://demo.joomultra.com/joomla-templates/ju_zaire/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=31465

  149. 名前:evanmaf 投稿日:2016/04/23 06:36:46
    とうとつに、ノーベル賞選考の逸話を持ち出したのは、文学の評価基準や、文学とは何なのか
    http://bereginia34.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=91632

  150. 名前:isabellamaf 投稿日:2016/04/23 06:58:52
    った「不条理」「無限」「宇宙」であり、ここに描かれるドラマは、合理的価値観の根拠を崩さ
    http://www.ccbcmexico.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=232790

  151. 名前:Jack2002 投稿日:2016/04/23 07:20:41
    みれた「自己」が、小説空間という「鏡の間」に、まざまざと映し出されるのである
    http://www.productosapetit.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=677259

  152. 名前:zachary2008 投稿日:2016/04/23 07:43:17
    「ここ」というのは、「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」「精神の故郷」のことである
    http://www.kladonahodki.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=14763

  153. 名前:Xavier2003 投稿日:2016/04/23 08:04:54
    ダで書かれただけの小説」「皮膚感覚で書かれただけの小説」が多すぎるとも思うこの言い回
    http://www.ultimateforcerecords.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=140427

  154. 名前:Jaydenmaf 投稿日:2016/04/23 08:26:37
    現代の神話と肉化された思想——『砂の女』
    http://www.mbesq.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=77556

  155. 名前:Savannah1997 投稿日:2016/04/23 08:49:07
    、それ以前にも谷崎潤一郎が候補に名を連ねていた政治が介在しないとは言えなくもない著名
    http://www.charltonvos.org/site/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1750

  156. 名前:huntermaf 投稿日:2016/04/23 09:12:08
    「芸術至上主義・古典主義作家」三島由紀夫と、「前衛作家」安部公房、さらに井上靖、井伏
    http://allmetrosports.net/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=718235

  157. 名前:Richard60 投稿日:2016/04/23 09:34:10
    れる体験——現代の「地獄めぐり」であろう
    http://www.alhayaeg.com/testen/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2388

  158. 名前:Gabrielle2001 投稿日:2016/04/23 09:56:03
    「面白い」「つまらない」というのは、極めて荒っぽい断定法だが、一読者としての私の実感で
    http://securityallianceservices.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=177852

  159. 名前:elizabeth99 投稿日:2016/04/23 10:19:22
    、それもかなわない
    http://www.tpmit.com.my/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=35559

  160. 名前:jasmine36 投稿日:2016/04/23 10:41:03
    『砂の女』からはさまざまな寓話、比喩を想起させつつ、ひとつの意味性に収束しないという、
    http://www.executivewebpresence.com/shop/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2893

  161. 名前:alexis2007 投稿日:2016/04/23 11:03:47
    作家は、無意識に味わってきた生の経験を、言語による〈世界模型〉の中に流し込むその〈世
    http://www.cetpiforum.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=116108

  162. 名前:Julian2010 投稿日:2016/04/23 11:25:35
    ——この小文では、『砂の女』と『箱男』の二人の失踪者を追ってきた
    http://www.pizpireta.mx/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=102439

  163. 名前:Elijah2000 投稿日:2016/04/23 11:48:07
    、すべて集約したサンプルのようだ私はこの手垢まみれの用語を好まないし、日本には「カラ
    http://www.mondial.com.br/site/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=13076

  164. 名前:maria2014 投稿日:2016/04/23 12:10:55
    そして『砂の女』と『箱男』の二作品は、いったい文学の何がわれわれを打つのかを明瞭に示し
    http://calcabrer.cat/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=97371

  165. 名前:Leah80 投稿日:2016/04/23 12:32:42
    ての「砂」の存在感であろう啄木に言わせれば「握れば指の間より落つ」ところの、何の変哲
    http://warfaconsulting.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=465579

  166. 名前:Julia2006 投稿日:2016/04/23 12:56:03
    上学的ミステリーの面白さがない
    http://www.kinder-dom.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=425228

  167. 名前:noah2008 投稿日:2016/04/23 13:17:56
    うが、それらはすでに、既視感の強い驚きのない風景である
    http://pattayapickle.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=129314

  168. 名前:kylie78 投稿日:2016/04/23 13:40:23
    一体、文学の価値評価とは何を尺度とするものなのか
    http://ideaclub.vn.ua/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=128240

  169. 名前:anna75 投稿日:2016/04/23 14:02:15
    『箱男』——知的饒舌の詰まったダンボール
    http://evolutiongrooves.com/joomla2_56/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=15860

  170. 名前:melanie99 投稿日:2016/04/23 14:25:10
    出されている印象を受ける
    http://123gosell.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=17267

  171. 名前:Luke1983 投稿日:2016/04/23 14:46:41
    する」
    http://rascalsdream.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1241329

  172. 名前:Gabrielmaf 投稿日:2016/04/23 15:10:15
    『箱男』は、安部公房的な作品を書こうとして失敗したエピゴーネン作家の作品のように見えて
    http://www.raulcassel.com.br/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=196734

  173. 名前:mary2011 投稿日:2016/04/23 15:32:39
    という、あやふやで、素朴で、無謀な問いを探ってみたい
    http://www.simplestudy.co.uk/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=781374

  174. 名前:richard2012 投稿日:2016/04/23 15:55:39
    あるそれは、読者=評者から個的に発せられる「読み」のリアリティ創出の試みでもあるこ
    http://mtntechno.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=26731

  175. 名前:adrianmaf 投稿日:2016/04/23 16:17:39
    ろうしかし正直なところ「ドタバタ喜劇的な荒唐無稽」の印象が強いのである
    http://xn----8sbnvicededp2ag0k.xn--p1ai/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16552

  176. 名前:Carter43 投稿日:2016/04/23 16:40:43
    どうやら『砂の女』で国際的名声を確立したわずか二年後の『他人の顔』(一九六四年)から
    http://kerchpbw.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5507

  177. 名前:megan51 投稿日:2016/04/23 17:02:26
    『砂の女』からはさまざまな寓話、比喩を想起させつつ、ひとつの意味性に収束しないという、
    http://pharmatechreview.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=155443

  178. 名前:irea1978 投稿日:2016/04/23 17:24:09
    ての「砂」の存在感であろう啄木に言わせれば「握れば指の間より落つ」ところの、何の変哲
    http://liferiddle.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=6611

  179. 名前:Rachel42 投稿日:2016/04/23 17:46:53
    の面白さとは、一線を画するしかし、その味覚の違いが、現代では、意外に曖昧なのではな
    http://www.3ds.com.gr/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=13273

  180. 名前:danielmaf 投稿日:2016/04/23 18:08:31
    リティの確認でもある
    http://www.fyfcorp.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=414190

  181. 名前:Jack2006 投稿日:2016/04/23 18:31:39
    す知的悦楽や、情動やリビドーをも巻き込む、あの秘められた愉楽とは別のものであろう
    http://asidegua.org.gt/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=66925

  182. 名前:rileymaf 投稿日:2016/04/23 18:53:12
    しは、フィクションを作らない作家が、己の創造力の乏しさを棚に上げ、ごまかすような隠れ蓑
    http://www.unidc.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=33329

  183. 名前:Isabel17 投稿日:2016/04/23 19:15:47
    の小文では、この軸を一巡りすることにするそれによって、「文学の魅力、面白さとは何か」
    http://thebackroom.com.co/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=14295

  184. 名前:audreymaf 投稿日:2016/04/23 19:38:15
    カを継承しつつ、それを乗り越えんとする国際作家の最高傑作登場か、といったときめきを覚え
    http://www.espaciointerior.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=10360

  185. 名前:Bailey2009 投稿日:2016/04/23 23:22:54
    する」
    http://www.unet.edu.ve/parroquia_universitaria/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1884

  186. 名前:Blakemaf 投稿日:2016/04/24 00:54:31
    「砂の変化は、同時に彼の変化でもあった彼は、砂の中から、水といっしょに、もう一人の自
    http://www.hrauniquimica.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=51651

  187. 名前:michael2016 投稿日:2016/04/24 01:36:54
    長年リアリズムで鍛えあげてきたどこかの同人誌の私小説作家が、安部公房をはじめて読んで、
    http://www.vbcafrica.com/index.php/en/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=227506

  188. 名前:Irea2014 投稿日:2016/04/24 01:59:30
    うが、この作品はそうはなっていない「箱」はもはや「砂」のように謳いあげられ、象徴化さ
    http://kari-san.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=55129

  189. 名前:matthew2006 投稿日:2016/04/24 02:20:03
    ことにラストにおいて登場する《希望》と名付けられた鴉捕りの罠が、「砂の毛管現象」により
    http://edsolakdrywall.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=27933

  190. 名前:Sierra1993 投稿日:2016/04/24 02:43:02
    房は、この作品では、「箱」の中に潜り込んではいないのである腕組みをした不機嫌な演出家
    http://phxmotorexpress.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=58054

  191. 名前:william74 投稿日:2016/04/24 03:04:52
    る「砂」から、さまざまなメタファーや寓話を読み取る誘惑を、押さえきれない
    http://cebos.zp.ua/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=6952

  192. 名前:Maria2016 投稿日:2016/04/24 03:27:21
    、それ以前にも谷崎潤一郎が候補に名を連ねていた政治が介在しないとは言えなくもない著名
    http://www.audition-audiofrance.fr/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=98188

  193. 名前:Destiny2007 投稿日:2016/04/24 03:49:46
    ができなくなる
    http://mostdi.net/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=47605

  194. 名前:Natalie1989 投稿日:2016/04/24 04:11:16
    奇怪なハニートラップによって、「砂掻き」を強制された男が相手にしているのは、砂の形をと
    http://www.emaxgroupcorp.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=151533

  195. 名前:Cartermaf 投稿日:2016/04/24 04:34:17
    ——「顔を失った男の存在証明」の主題
    http://fe-ya.com.ua/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=149917

  196. 名前:katelyn2013 投稿日:2016/04/24 04:55:50
    ダンボール箱は、すでに無残にも解体しかかっているのではないかという疑惑を、打ち消すこと
    http://hook4allseasons.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=38097

  197. 名前:Jennifer2005 投稿日:2016/04/24 05:17:26
    な賞と、文学の価値評価の問題を一緒にすることは危険かも知れない
    http://kayan-sa.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=78310

  198. 名前:morganmaf 投稿日:2016/04/24 05:39:35
    れることはないしかしこれは奇妙なことだ
    http://www.emdpaper.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=47565

  199. 名前:aaliyahmaf 投稿日:2016/04/24 06:02:15
    導入部は素晴らしく斬新であるこの作品が発表された当時の読書界は、これぞ現代文学、カフ
    http://consultoriodermatologico.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=73739

  200. 名前:olivia41 投稿日:2016/04/24 06:25:03
    のだしかもこれは、一度味をしめたら、決して忘れられない中毒性の快楽である(だから
    http://printdepott.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=114040

  201. 名前:rebeccamaf 投稿日:2016/04/24 06:49:48
    ての「砂」の存在感であろう啄木に言わせれば「握れば指の間より落つ」ところの、何の変哲
    http://www.inovatic-ict.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=799278

  202. 名前:samuel2016 投稿日:2016/04/24 07:12:13
    文学という抑圧的湿地帯に、これだけの硬質な造形美にあふれた〈砂漠の花〉を咲かせてくれた
    http://nikanpanel.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16539

  203. 名前:Sean1999 投稿日:2016/04/24 07:35:36
    その内奥の領域とは、作家の側からすれば、〈創造の源泉〉そのものであり、「登場人物」の
    http://gcreative-design.com/graphic_designs/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=8447

  204. 名前:Miguelmaf 投稿日:2016/04/24 08:01:21
    の「ぼく」は、小説の主題をバスガイドのようにアナウンスしてくれるのである評者へのエサ
    http://www.sedena.cl/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=49682

  205. 名前:Angelina2014 投稿日:2016/04/24 08:29:38
    った「不条理」「無限」「宇宙」であり、ここに描かれるドラマは、合理的価値観の根拠を崩さ
    http://www.theuftcenter.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=62265

  206. 名前:sophiamaf 投稿日:2016/04/24 08:55:58
    ——「顔を失った男の存在証明」の主題
    http://www.canchatv.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=58722

  207. 名前:jasmine1982 投稿日:2016/04/24 09:22:07
    ないのである
    http://mamaslesbianas.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=40777

  208. 名前:Alexa2003 投稿日:2016/04/24 09:48:53
    発明により、「砂」から「水」が生み出される逸話からは、現代文学には珍しい宗教的性・神話
    http://gvmtelecom.ro/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=126571

  209. 名前:Michelle1972 投稿日:2016/04/24 10:18:37
    」の追体験なのであり、この迷宮を通してしか、主人公(=読者)の自己発見・自己解放はない
    http://www.dissal.unige.it/jm/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=4187

  210. 名前:austinmaf 投稿日:2016/04/24 10:48:55
    ろが、三分の一以上読み進むと、読者は首をひねり出すのである
    http://brysonsfurniture.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2913

  211. 名前:zachary1992 投稿日:2016/04/24 11:16:07
    「ここ」というのは、「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」「精神の故郷」のことである
    http://p-import.ru/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=827719

  212. 名前:Jeremiah2007 投稿日:2016/04/24 11:47:12
    その内奥の領域とは、作家の側からすれば、〈創造の源泉〉そのものであり、「登場人物」の
    http://www.remcontabil.com.br/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=47710

  213. 名前:Loganmaf 投稿日:2016/04/24 12:20:32
    この「ぼく」一人称の物語は、堂々めぐりを繰り返すばかりで、主題も状況も、いっこうに進展
    http://milansalesindia.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=116074

  214. 名前:Hailey1985 投稿日:2016/04/24 12:56:23
    ては残酷な言葉であるが、これは真実だ
    http://allyagency.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=116199

  215. 名前:Mia2009 投稿日:2016/04/24 13:31:05
    ッキリしてくるらしい
    http://tacomacityrunningclub.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=685351

  216. 名前:Jada1977 投稿日:2016/04/24 14:02:19
    現代の神話と肉化された思想——『砂の女』
    http://www.opa-europe.org/j25/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16010

  217. 名前:jayden2010 投稿日:2016/04/24 14:37:50
    会うのであり、いまだ光線の射し込まない意識下のゲル状の「自己」、しばしば血液や汚辱にま
    http://www.privateinsurance.gr/web/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=3312

  218. 名前:gabriella57 投稿日:2016/04/24 15:24:00
    練りあげて、哲学的深みを持った現代の神話を作り上げることこそ、実現すべき方向性だったの
    http://www.imerisia-ver.gr/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=147153

  219. 名前:Ashley2016 投稿日:2016/04/24 16:06:06
    、それ以前にも谷崎潤一郎が候補に名を連ねていた政治が介在しないとは言えなくもない著名
    http://www.hybrid.com.tw/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=64606

  220. 名前:jake2002 投稿日:2016/04/24 16:49:53
    れたむごたらしさの中に凄絶な美を見出し、「文学のふるさと」といった位相でもある
    http://www.mistyhills.biz/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=66989

  221. 名前:Devin2013 投稿日:2016/04/24 17:34:26
    なやましさがつきまとうそれは人格形成や、教養の類でもなく、もっと野蛮でアナーキーなも
    http://catholicinformation.org/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=2268

  222. 名前:katelyn13 投稿日:2016/04/24 18:17:24
    とに決意する砂のメールストロームの渦底で展開される自由の弁証法の結末である
    http://www.peak-link.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=784844

  223. 名前:evan48 投稿日:2016/04/24 18:57:37
    る全裸の女のエロティシズムは、それまで過剰なまでに描写されてきた「砂」によって縁取られ
    http://mamostayan.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=45587

  224. 名前:anthony1975 投稿日:2016/04/24 19:34:35
    ができなくなる
    http://www.cafeteraseurekas.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=968521

  225. 名前:colemaf 投稿日:2016/04/24 20:14:57
    どうやら『砂の女』で国際的名声を確立したわずか二年後の『他人の顔』(一九六四年)から
    http://highway63roadreport.com/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=1057618

  226. 名前:Hannah1974 投稿日:2016/04/24 20:59:23
    という、あやふやで、素朴で、無謀な問いを探ってみたい
    http://www.impermacdobrasil.com.br/site/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=16077

  227. 名前:grace2012 投稿日:2016/04/24 21:50:23
    『砂の女』からはさまざまな寓話、比喩を想起させつつ、ひとつの意味性に収束しないという、
    http://lacocinaperu.com.au/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=122915

  228. 名前:Elijah1976 投稿日:2016/04/24 22:42:00
    まるごと失ったといってもいい
    http://kingdomlife.org.ng/index.php?option=com_k2&view=itemlist&task=user&id=5062

  229. 名前:Evelyn1981 投稿日:2016/04/26 05:29:52
    文学作品とは、それぞれ主人公が、紆余曲折を経るところの架空の「地獄めぐり」「胎内めぐり
    http://setercosin.wordpress.com

  230. 名前:Abigail40 投稿日:2016/04/26 06:26:39
    、それ以前にも谷崎潤一郎が候補に名を連ねていた政治が介在しないとは言えなくもない著名
    http://gidilifes.wordpress.com

  231. 名前:Jackson32 投稿日:2016/04/26 06:49:07
    河原、蟻地獄、シジフォスの神話、不条理の哲学、タンタロス——読者は、足元で微妙に変形す
    http://kaihurecan.wordpress.com

  232. 名前:nathan2011 投稿日:2016/04/26 07:10:20
    ができなくなる
    http://gelusaka.wordpress.com

  233. 名前:jadamaf 投稿日:2016/04/26 07:32:04
    ある!)この種の読書体験には、子宮や産道を経てゆくような悩ましい肉感があり、一種の「地
    http://delitehass.wordpress.com

  234. 名前:Joseph98 投稿日:2016/04/26 07:53:58
    いい意味でのもどかしさが疼く
    http://cumsdaherscut.wordpress.com

  235. 名前:Hailey1992 投稿日:2016/04/26 08:16:44
    しかし、まんざら無関係ともいえないだろう少なくとも、文学的価値基準の集合的無意識の
    http://othvaldape.wordpress.com

  236. 名前:Isabella2001 投稿日:2016/04/26 08:37:55
    現代の神話と肉化された思想——『砂の女』
    http://coularliewest.wordpress.com

  237. 名前:William2011 投稿日:2016/04/26 09:00:00
    ことにラストにおいて登場する《希望》と名付けられた鴉捕りの罠が、「砂の毛管現象」により
    http://bratenvicell.wordpress.com

  238. 名前:Isaiah2010 投稿日:2016/04/26 09:21:27
    は驚かされる
    http://inmalater.wordpress.com

  239. 名前:dominic75 投稿日:2016/04/26 09:43:40
    「砂の変化は、同時に彼の変化でもあった彼は、砂の中から、水といっしょに、もう一人の自
    http://kesttacantju.wordpress.com

  240. 名前:Ashley2007 投稿日:2016/04/26 10:05:10
    なのか、過剰サービスなのか、さもなければ作者自身の方法論的不安や迷いのように思えてくる
    http://anensimulg.wordpress.com

  241. 名前:Mia71 投稿日:2016/04/26 10:27:13
    を再読してみるすると、彼の作品の中でも、「アタマで書かれただけ」の作品と、そうとばか
    http://specketvamo.wordpress.com

  242. 名前:leah2001 投稿日:2016/04/26 10:49:13
    この「ぼく」一人称の物語は、堂々めぐりを繰り返すばかりで、主題も状況も、いっこうに進展
    http://deibonruptwhen.wordpress.com

  243. 名前:Angel2001 投稿日:2016/04/26 11:11:00
    河原、蟻地獄、シジフォスの神話、不条理の哲学、タンタロス——読者は、足元で微妙に変形す
    http://sifjanaper.wordpress.com

  244. 名前:jesus2010 投稿日:2016/04/26 11:33:48
    なるほど、現代文学らしい斬新な設定とはいえるしかし小説としての中盤からの失速、奥行き
    http://wiesysdistnypn.wordpress.com

  245. 名前:mary2004 投稿日:2016/04/26 11:55:53
    しかし、現代社会を考察する「考えるヒント」の叩き台になりえても、それは「文学」のもたら
    http://xyconcadi.wordpress.com

  246. 名前:jayden28 投稿日:2016/04/26 12:18:07
    「芸術至上主義・古典主義作家」三島由紀夫と、「前衛作家」安部公房、さらに井上靖、井伏
    http://adtanarlooks.wordpress.com

  247. 名前:John2005 投稿日:2016/04/26 12:40:22
    物語ではやがて、「箱男」に加え、「偽箱男」や、「看護婦」などが登場し、道具立てだけがに
    http://inchipriddci.wordpress.com

  248. 名前:nathaniel2014 投稿日:2016/04/26 13:01:53
    の小文では、この軸を一巡りすることにするそれによって、「文学の魅力、面白さとは何か」
    http://glucfeswebpne.wordpress.com

  249. 名前:Gabriella2010 投稿日:2016/04/26 13:23:35
    物語ではやがて、「箱男」に加え、「偽箱男」や、「看護婦」などが登場し、道具立てだけがに
    http://arinrode.wordpress.com

  250. 名前:rachel1980 投稿日:2016/04/26 13:46:09
    砂の女』の随所で感じた息苦しい不安や、悪夢のような胸騒ぎを、『箱男』には感じない換言
    http://elacidca.wordpress.com

  251. 名前:Wyatt2002 投稿日:2016/04/26 14:07:50
    地獄めぐり・胎内めぐり・鏡の間
    http://fingoheaglie.wordpress.com

  252. 名前:isabel69 投稿日:2016/04/26 14:30:41
    れるここまで来てはじめて「文学」なのであり、もしそれが死んだ、滅びた、不毛だという
    http://closagagli.wordpress.com

  253. 名前:Jason2000 投稿日:2016/04/26 14:52:52
    換金作物としての目的がはっきりとしたエンターテインメント小説の与える面白さと、文学作品
    http://softralesxe.wordpress.com

  254. 名前:Cole90 投稿日:2016/04/26 15:14:52
    ある意味で『箱男』は、予言的な作品ですらある平成の現在、東京都内の至るところの公園や
    http://thillsibifin.wordpress.com

  255. 名前:Christian54 投稿日:2016/04/26 15:37:52
    性すら感じられる
    http://donleiswimti.wordpress.com

  256. 名前:Melissa68 投稿日:2016/04/26 15:59:40
    ことにラストにおいて登場する《希望》と名付けられた鴉捕りの罠が、「砂の毛管現象」により
    http://meufaparo.wordpress.com

  257. 名前:John2000 投稿日:2016/04/26 16:21:04
    学の実質・実感とは何かを問い直すことに通じるそれは、個々の読者による「読み」のリア
    http://korotelep.wordpress.com

  258. 名前:Hailey2015 投稿日:2016/04/26 16:43:26
    『他人の顔』
    http://bigdeteme.wordpress.com

  259. 名前:kayla2012 投稿日:2016/04/26 17:05:05
    かつて吉田健一は、「作品に感動しなければ、それを理解したことにはならず、そもそも読者
    http://gentionomo.wordpress.com

  260. 名前:sofia71 投稿日:2016/04/26 17:26:33
    日本の作品では『山椒魚』や『抱擁家族』の皮肉な滑稽さをも、重ね合わせることもできるだ
    http://causpothodgbelf.wordpress.com

  261. 名前:Timothy2002 投稿日:2016/04/26 17:49:36
    まさにこの一点、『砂の女』の作家の創造力を結集させ、この一点を熟考して掘り下げ、練りに
    http://criteleliz.wordpress.com

  262. 名前:Jordanmaf 投稿日:2016/04/26 18:11:40
    ホムンクルス達が産声をあげる煮えたぎった鉄鍋であり、ぐつぐつと振動する暗いフラスコなの
    http://ansouthnisu.wordpress.com

  263. 名前:angel42 投稿日:2016/04/26 18:34:52
    さらに「三島由紀夫は、安部ほど高い位置まで近づいていなかった井上靖は、真剣に検討さ
    http://hacimscabic.wordpress.com

  264. 名前:Michelle35 投稿日:2016/04/26 18:56:45
    「物語作家」「随筆作家」を否定する新たな文学構築
    http://tanroomistio.wordpress.com

  265. 名前:Jacob80 投稿日:2016/04/26 19:19:58
    一方の失踪者は、地獄めぐりの果ての自己再生のドラマを生きた他方の失踪者は、地獄めぐ
    http://galocosno.wordpress.com

  266. 名前:emilymaf 投稿日:2016/04/26 19:41:47
    文学という抑圧的湿地帯に、これだけの硬質な造形美にあふれた〈砂漠の花〉を咲かせてくれた
    http://inapanfi.wordpress.com

  267. 名前:diego2012 投稿日:2016/04/26 20:04:40
    あるそれは、読者=評者から個的に発せられる「読み」のリアリティ創出の試みでもあるこ
    http://tiotelrucen.wordpress.com

  268. 名前:brianmaf 投稿日:2016/04/26 20:26:14
    れたむごたらしさの中に凄絶な美を見出し、「文学のふるさと」といった位相でもある
    http://lingnirime.wordpress.com

  269. 名前:dianamaf 投稿日:2016/04/26 20:48:58
    を上げてみることにする
    http://edlilentu.wordpress.com

  270. 名前:cole1997 投稿日:2016/04/26 21:11:39
    顕れ、ぐらいの意味はあるはずだ
    http://catacoutpo.wordpress.com

  271. 名前:mason2006 投稿日:2016/04/26 21:34:32
    れることはないしかしこれは奇妙なことだ
    http://buselbensboo.wordpress.com

  272. 名前:Angel2010 投稿日:2016/04/26 21:56:20
    英国の小説家E・M・フォスターは、次のように指摘する
    http://gosicontna.wordpress.com

  273. 名前:kaitlynmaf 投稿日:2016/04/26 22:19:09
    都市の殺伐さが、心象風景の「詩」として料理されていれば、そこに「文学」が現出するだろ
    http://resulater.wordpress.com

  274. 名前:Ava2006 投稿日:2016/04/26 22:42:22
    鱒二、少し時代を経て村上春樹が、この賞の候補者である川端康成、大江健三郎は受賞者だが
    http://idreadfimun.wordpress.com

  275. 名前:nicholas2006 投稿日:2016/04/26 23:05:09
    のなさ、空転する知的饒舌など、『箱男』のゆゆしき症例が、すでに前兆として現れているのに
    http://stimgenburbblac.wordpress.com

  276. 名前:chloemaf 投稿日:2016/04/26 23:27:40
    しない才気や機知といったものは、導入部のツカミでしか機能してくれはしないのだ作家の
    http://unapepap.wordpress.com

  277. 名前:cole2006 投稿日:2016/04/26 23:50:45
    界模型〉を通して、自己存在の深部へと錨を垂らすそこに静謐な叡智が感じられる
    http://fighburhouges.wordpress.com

  278. 名前:ian1975 投稿日:2016/04/27 00:13:01
    創造のリビドーが小説の根幹を貫いているような充実した感銘は、ここにはない
    http://dowsmordtraczoe.wordpress.com

  279. 名前:caleb98 投稿日:2016/04/27 00:35:05
    かつて吉田健一は、「作品に感動しなければ、それを理解したことにはならず、そもそも読者
    http://oralitlor.wordpress.com

  280. 名前:luke1972 投稿日:2016/04/27 00:56:24
    のように、「箱」の傍らに立ちつくし、早口でぼそぼそと何かを説明しているのであるその
    http://dejovolot.wordpress.com

  281. 名前:Alyssa17 投稿日:2016/04/27 01:19:45
    活の荒廃を予告しているしかし、「箱」の空虚な設計図ふうの解説からは、とってつけたよう
    http://frucapperchai.wordpress.com

  282. 名前:Carter1982 投稿日:2016/04/27 01:41:05
    しまうあるいは、いずれ書かれるべき安部公房の傑作の設計図が、未消化の概念のまま、投げ
    http://sponbacktijit.wordpress.com

  283. 名前:Amia2001 投稿日:2016/04/27 02:02:26
    長年リアリズムで鍛えあげてきたどこかの同人誌の私小説作家が、安部公房をはじめて読んで、
    http://inacepbas.wordpress.com

  284. 名前:Marissamaf 投稿日:2016/04/27 02:23:47
    ある意味で『箱男』は、予言的な作品ですらある平成の現在、東京都内の至るところの公園や
    http://tegoogcoma.wordpress.com

  285. 名前:Noahmaf 投稿日:2016/04/27 02:46:33
    んで、いちいち、あらがうこの高校教師の心が、法律や常識、世間体、貸借対照表に支配され
    http://gecamptogci.wordpress.com

  286. 名前:Abigailmaf 投稿日:2016/04/27 03:08:03
    ろう
    http://greatcallessge.wordpress.com

  287. 名前:Sydneymaf 投稿日:2016/04/27 03:29:32
    のように、「箱」の傍らに立ちつくし、早口でぼそぼそと何かを説明しているのであるその
    http://diatrafartran.wordpress.com

  288. 名前:isabella2011 投稿日:2016/04/27 03:52:29
    しかし、この創造的な多義性こそが『砂の女』の魅力なのであり、ここに文学の魅惑、知的悦楽
    http://exskilerprin.wordpress.com

  289. 名前:Bryan2010 投稿日:2016/04/27 04:14:42
    が匿名となり、ダンボール生活を始める物語である
    http://masadisla.wordpress.com

  290. 名前:Gracemaf 投稿日:2016/04/27 04:38:06
    会うのだから、それなりの戦慄が伴わざるをえないのだこれはかつて坂口安吾が、童話に隠さ
    http://tremikproben.wordpress.com

  291. 名前:Amia2007 投稿日:2016/04/27 04:59:25
    する」
    http://houlasbackstam.wordpress.com

  292. 名前:Loganmaf 投稿日:2016/04/27 05:21:04
    現代の小説は、知的器械体操のアクロバットか、私小説の開き直りか、といった二分法の中に落
    http://idactrajcoun.wordpress.com

  293. 名前:Mason1983 投稿日:2016/04/27 05:43:37
    獄めぐり」「胎内めぐり」の気配と陰翳を持っているそれは何故か——
    http://gioflammotna.wordpress.com

  294. 名前:Anthony2016 投稿日:2016/04/27 06:05:11
    てくれるヒントに満ちた、貴重な比較サンプルのように思えてくるのである
    http://timmfitachi.wordpress.com

  295. 名前:Elizabeth59 投稿日:2016/04/27 06:26:40
    ——『砂の女』は面白い『箱男』はつまらない
    http://teimoveweek.wordpress.com

  296. 名前:Jasonmaf 投稿日:2016/04/27 06:49:18
    ている
    http://consmilbuckcan.wordpress.com

  297. 名前:Lilymaf 投稿日:2016/04/27 07:10:39
    まさにこの一点、『砂の女』の作家の創造力を結集させ、この一点を熟考して掘り下げ、練りに
    http://kidsvapecmend.wordpress.com

  298. 名前:isabel60 投稿日:2016/04/27 07:33:44
    現代の小説は、知的器械体操のアクロバットか、私小説の開き直りか、といった二分法の中に落
    http://anorabon.wordpress.com

  299. 名前:victoria07 投稿日:2016/04/27 07:55:52
    ィティーを、なし崩しに包囲するここでは社会や組織という枠に支配された男性の滑稽さが、
    http://tilmarsmenhelp.wordpress.com

  300. 名前:Irea75 投稿日:2016/04/27 08:19:54
    言葉と、小説空間を埋めている何百tもの砂の重量が、均衡している 読者は、〈砂のニヒリ
    http://mobarssketar.wordpress.com

  301. 名前:Juanmaf 投稿日:2016/04/27 08:44:03
    「ここ」というのは、「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」「精神の故郷」のことである
    http://osunibna.wordpress.com

  302. 名前:Christianmaf 投稿日:2016/04/27 09:05:19
    ができなくなる
    http://contamarnord.wordpress.com

  303. 名前:Nathanielmaf 投稿日:2016/04/27 09:28:24
    「小説の価値評価など、いまどきナンセンス、何が文学で何がそうではないかなど、どうでもい
    http://ciericombi.wordpress.com

  304. 名前:kaitlynmaf 投稿日:2016/04/27 09:50:17
    す知的悦楽や、情動やリビドーをも巻き込む、あの秘められた愉楽とは別のものであろう
    http://neuprecarde.wordpress.com

  305. 名前:michael29 投稿日:2016/04/27 10:11:53
    れ「物語作家」「随筆作家」とこきおろしていたとの話もあるつまり、安部は自らの小説作
    http://stabofocub.wordpress.com

  306. 名前:Ava75 投稿日:2016/04/27 10:34:39
    いったい、いつから安部公房の主人公は、安部文学の解説者に成り下がったのだろうと、読者
    http://niagreschilddown.wordpress.com

  307. 名前:Taylormaf 投稿日:2016/04/27 10:55:53
    が急死しなければ、ノーベル文学賞を受けていたでしょう非常に近かった」(二〇一二年三月
    http://brovmurdiowist.wordpress.com

  308. 名前:Williammaf 投稿日:2016/04/27 11:17:03
    品を、「物語」「随筆」と区別していたことになる日本人でも満州辺りで育つと、物言いがハ
    http://perchocompllev.wordpress.com

  309. 名前:Noah1978 投稿日:2016/04/27 11:38:18
    紙面にだらしなく垂れたまま、溜息をもらすしかない
    http://tenbonomo.wordpress.com

  310. 名前:jackson2013 投稿日:2016/04/27 12:01:10
    『砂の女』からは、カフカや、カミュの作品のみならず、旧約の『ヨブ記』や、ギリシャ悲劇、
    http://inresasto.wordpress.com

  311. 名前:Ava1977 投稿日:2016/04/27 12:23:14
    なら、現代の文化は、ひとつの芸術ジャンルのみならず、ひとつの〈叡智の形式〉そのものを、
    http://bengoodsnevi.wordpress.com

  312. 名前:bryan38 投稿日:2016/04/27 12:46:17
    語られていることである
    http://ininsubless.wordpress.com

  313. 名前:amelia1976 投稿日:2016/04/27 13:08:29
    実感そのものであろう何しろ「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」「精神の故郷」と出
    http://mispartditra.wordpress.com

  314. 名前:abigail88 投稿日:2016/04/27 13:31:46
    灰色の「苫屋」のような小屋に現れる女の砂まみれの裸体が、奇妙に生々しいいきなり登場す
    http://nalisbumul.wordpress.com

  315. 名前:antonio2013 投稿日:2016/05/08 06:33:49
    こそ、「純」文学の読者も作家も、絶滅寸前だといわれながらも、なかなか絶滅しないので
    http://ananponew.wordpress.com

  316. 名前:Isabel2009 投稿日:2016/05/08 06:56:10
    「箱はぼくにとって、やっとたどりついた袋小路どころか、別の世界への出口のような気さえ
    http://imgur.com/YJpnkNF

  317. 名前:richard38 投稿日:2016/05/08 08:36:28
    すれば「文学」を感じないこれは、作家が主人公の「箱男」を、知的主体として描いてはい
    http://imgur.com/hLWoGZz

  318. 名前:joshua32 投稿日:2016/05/08 13:06:19
    」の追体験なのであり、この迷宮を通してしか、主人公(=読者)の自己発見・自己解放はない
    http://imgur.com/9Beqa30

  319. 名前:Joshua82 投稿日:2016/05/08 17:12:24
    なのか、過剰サービスなのか、さもなければ作者自身の方法論的不安や迷いのように思えてくる
    http://imgur.com/lwCgMNx

  320. 名前:jgosresxhs 投稿日:2016/05/09 12:51:19
    中村 昌広 jgosresxhs
    jgosresxhs

  321. 名前:michael18 投稿日:2016/05/09 14:05:25
    語られていることである
    http://imgur.com/GgfjsA6

  322. 名前:Haileymaf 投稿日:2016/05/10 12:38:32
    「ここ」というのは、「深層の個性」「下層にひそんでいる個性」「精神の故郷」のことである
    http://imgur.com/KpEzSU0

  323. 名前:steven1986 投稿日:2016/05/10 15:07:43
    こそ、「純」文学の読者も作家も、絶滅寸前だといわれながらも、なかなか絶滅しないので
    http://imgur.com/BdmPSQq

  324. 名前:codymaf 投稿日:2016/05/10 17:30:30
    われわれはその「読み」の現場において、直射日光にあぶられた砂の層に隠されながらも、いま
    http://imgur.com/tppCEyk

  325. 名前:Melissa69 投稿日:2016/05/10 19:53:08
    まるごと失ったといってもいい
    http://imgur.com/66YOJEh

  326. 名前:alexandra2007 投稿日:2016/05/10 22:23:00
    条理な砂丘の空間の中で、彼の小市民的インテリとしての輪郭を、明確に際立たせる効果があ
    http://imgur.com/yCyHYYc

  327. 名前:Jackson2010 投稿日:2016/05/11 00:53:28
    ある!)この種の読書体験には、子宮や産道を経てゆくような悩ましい肉感があり、一種の「地
    http://imgur.com/gKMcjZt

  328. 名前:Oliviamaf 投稿日:2016/05/11 03:26:52
    この一節は、安部の他の作品ですら見当たらないような金言だ自己破壊からの自己救済この
    http://imgur.com/oYyOTka

  329. 名前:Alexis1971 投稿日:2016/05/11 06:04:54
    どこかで見失ってしまったのではないか安部公房は、作家としてかつて秘めていた暗くくすぶ
    http://imgur.com/dAV8TY4

  330. 名前:angelina2007 投稿日:2016/05/11 08:30:04
    現代の小説は、知的器械体操のアクロバットか、私小説の開き直りか、といった二分法の中に落
    http://imgur.com/wbSCypV

  331. 名前:Gabriel1986 投稿日:2016/05/11 10:49:56
    概念的な知的饒舌である
    http://imgur.com/CD47y5P

  332. 名前:Alexmaf 投稿日:2016/05/11 13:11:32
    「箱から出るかわりに世界を箱の中に閉じこめてやる」
    http://imgur.com/f8lUW8z

  333. 名前:AlexWong 投稿日:2016/11/27 16:53:57
    Обращение к администрации сайта, обратите внимание.
    Здравствуйте. На этой партнерке я зарабатываю от 7000$ в месяц на своем сайте: http://1milliondollars.xyz

  334. 名前:JeffreyLomma 投稿日:2017/03/27 03:11:02
    Здрасте всем!
    Нашел отличный веб ресурс http://www.mmtiyu.com/space-uid-1178739.html
    с классными фильмами!
    Смотрите - не пожалеете...

  335. 名前:JeffreyLomma 投稿日:2017/03/28 03:41:52
    Большой приветик всем!
    За юзал отличный онлайн кинотеатр http://www.loveningbo.com/home.php?mod=space&uid=236427
    с кино!
    Смотрите - не пожалеете что зашли...

  336. 名前:Felixpes 投稿日:2017/11/07 07:54:09
    Регистрация ЭТЛ

  337. 名前:jfnhdsdal 投稿日:2017/11/11 10:45:08
    [url=http://kinogohit.net/films_indiskie/]индийские фильмы онлайн[/url]

  338. 名前:RvdFlutty 投稿日:2018/01/27 11:42:51
    cheap viagra http://genericonlineviaqra.com/ ok’

  339. 名前:FveshoOnry 投稿日:2018/01/27 11:59:18
    generic cialis reviews http://ciallisonline.com/ ok’

  340. 名前:Ecfvtriatt 投稿日:2018/01/27 12:24:37
    viagra online prescription http://viasergeneric.com/ OK’

  341. 名前:Obdracrore 投稿日:2018/01/28 03:24:32
    liquid viagra http://onlineviaqer.com/ OK’

  342. 名前:FveshoOnry 投稿日:2018/01/29 11:18:31
    buy cialis soft tabs http://ciallisonline.com/ ok’

  343. 名前:Ecfvtriatt 投稿日:2018/01/29 14:49:51
    female viagra pill http://viasergeneric.com/ OK’

  344. 名前:RvdFlutty 投稿日:2018/01/29 15:09:00
    brand viagra without prescription http://genericonlineviaqra.com/ ok’

  345. 名前:GbcZonge 投稿日:2018/02/16 10:28:41
    https://writinghelp.us.com/
    term papaer
    https://writinghelp.us.com/ - need help writing paper
    OK’

  346. 名前:Gbtembok 投稿日:2018/02/16 18:36:27
    https://writethesis.us.com/
    quality custom paper
    https://writethesis.us.com/ - essay helper
    OK’

  347. 名前:DonnaTix 投稿日:2018/02/18 18:18:08
    http://tebe-nado.ru - шопинг интернет магазин брендовой одежды

  348. 名前:купить виагру поштучно в москве 投稿日:2018/02/25 17:34:56
    купить виагру по штучно http://ofarma.ru/ - виагра купить в москве

  349. 名前:Kennethbub 投稿日:2018/03/18 14:11:39
    Eroctive - Глицин и импотенция - активный комплекс для устранения причин эректильной дисфункции. http://eroctive.seobest.website

  350. 名前:Kennethbub 投稿日:2018/03/24 19:02:55
    Как часто Ваша партнёрша кричит в постели и рвёт Вам спину, изнемогая от оргазма?
    Сайт: https://eroctive2.blogspot.ru/

  351. 名前:lrmcPromb 投稿日:2018/05/01 03:53:19
    viagra gГ©nГ©rique https://www.vieillemaman.com/ ou acheter du viagra

  352. 名前:bnsUnling 投稿日:2018/05/01 16:34:46
    viagra ohne rezept https://www.kostenlosdeutschporno.net/ п»їviagra

name

comment

サイト内検索

リンク

最近読まれたSS

最新コメント

7/16 Bradleyplows блестящ...
7/16 MatthewAnimi [url=ht...
7/16 名無しさん@SSったー! 鎖国でもしたら...
7/16 Lowellcem скачать...
7/16 Williamlak амфетам...
7/16 Lowellkep лучшие...
7/16 MartinRoure Гимнаст...
7/16 JeffreyKet Сборная...
7/16 JeffreyVah Сборная...
7/16 Jeffreyenlag Сборная...

Twitter

About

Contact

スポンサーリンク

SSったー!Twitter SSったー!info