2ちゃんねる,VIPのSSスレを保存。いつでもラブライブ!スレ見てニヤニヤできます。PCでもスマホでも妹スレ読めます。

人気のSSスレ 全て見る

最近取得したSS 全て見る

評価の高いSS 全て見る

灼「この世界中の誰よりも、私は赤土晴絵を愛してるから」

166 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2013/03/18 21:57:30  最終書き込み時刻:2013/03/19 06:45:00 

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/03/18 21:57:30.48 ID:qlN/jNdn0
 小鍛治健夜、彼女を一言で表すならば日本最強が相応しい。

 世界ランク2位まで上り詰め、リオデジャネイロ東風フリースタイルでは銀メダルを獲得。

 史上最年少の8冠保持者であり、日本人史上初の9冠へリーチをかけたこともあった。

 紛れもなく、日本最強の雀士。



 けれども、そんな彼女ですら世界で1番にはなれなかった。

 現在の彼女といえば、地元の小さなチームで隠居のような生活を送り、かつての栄光はどこへ消えたのか、世界ランク973位という有様だ。

 日本最強の小鍛治健夜ですら超えられなかった世界の壁はどれほどに厚く、どれほどに高いのか。

 日本の雀士達は、その現実に只々絶望を抱いた――。

2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/03/18 21:58:45.99 ID:qlN/jNdn0
 だが、それは真実などではない。

 日本最強は、当たり前のように世界に通用していたのだ。

 日本最強は、当然のように世界の頂点に立つことが出来たのだ。

 でも小鍛治健夜はあえてそれをしなかった。小鍛治健夜はわざとそれを成さなかった。

 小鍛治健夜は――自ら手放したから。



健夜「こんなものが、この程度のものが――世界の頂点?
   私の眼前に立ち並ぶ3人が、世界で最高峰の雀士?
   ……だったら、いいよ。こんなにも低い頂上なんて――登る意味も意義もない」



健夜「いくらだって、くれてあげる」



 あまりにも歯ごたえのない、取るに足らない世界一を。

3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/03/18 22:00:19.91 ID:qlN/jNdn0
 9冠にリーチがかかった時もそうだった。簡単に取れたのに、ただくだらない、と彼女は切り捨てただけ。

 小鍛治健夜は強すぎた。

 世界のトップレベルですら手応えもやりがいも感じ得ぬほどに強すぎた。



 彼女が小学生の時、周りの脆弱さを嘆き、中学生に希望を託した。

 誰か私に、まともに戦えることの満足を――。

 彼女が中学生の時、周りの貧弱さを恨み、高校生に希望を託した。

 誰か私に、まともに戦えることの至福を――。

 彼女が高校生の時、周りの粗末さを憎み、プロに希望を託した。

 誰か私に、まともに戦えることの喜びを――。

 彼女がプロの時、周りの稚拙さを呪い、世界に希望を託した。

 誰か私に、まともに戦えることの楽しみを――。

 教えてよ……。

 世界が、最後の希望だった。それなのに、望んだものはどこにもなかった。

4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/03/18 22:01:31.09 ID:qlN/jNdn0
健夜「――うあああああああああああああああああああああああぁ!」



 リオデジャネイロの戦いが終わった後に響いた彼女の慟哭。

 敗北の悲しみを吐き出しているのだろう。

 祖国の期待を裏切ってしまったことを涙しているのだろう。

 その光景を見たものは、こぞってそんな感慨を思い浮かべ、彼女を哀れんだ。



 ただ1人として、彼女が流した涙の意味を知らぬまま。

5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/03/18 22:02:49.20 ID:qlN/jNdn0
健夜「もう他人に期待なんてしない。もう他人に渇望なんてしない」

健夜「もう――いいよ」

健夜「自分達がどれほど未熟で、どれほど弱い存在なのかも知らぬまま」




健夜「ミジンコ同士で競い合って満足してろ!」



 この瞬間、プロ雀士小鍛治健夜の人生は終わったといっても過言ではない。

 目指すべき場所もなく、歩むべき目標もなく。

 ただ宙ぶらりんに、生まれた時から最強という十字架を抱えてしまった彼女の苦しみ。

 それを理解出来るものなど居なかったし、その傷を癒してあげられるほどの強さを持った人間もまた居なかったのだから。

6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2013/03/18 22:04:51.24 ID:MTr0NyKb0
しえ

7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/03/18 22:05:47.40 ID:qlN/jNdn0
健夜「う、うっ……ひっぐ、うあぁ、ああ…………!」



 ……されど、誰より麻雀が強くとも、彼女はやはり人間なのだ。

 他人の弱さにどれほど失望しても。

 自分の強さにどれだけ絶望しても。

 きっと全てに見切りをつけたつもりでも。

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/03/18 22:07:54.94 ID:f3NbFz/K0
支援

9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/03/18 22:09:22.61 ID:qlN/jNdn0
 ひょっとしたら。

 もしかしたら。

 何年か先、或いは何十年か後。

 小鍛治健夜に匹敵する――否、小鍛治健夜を超える雀士が現れてくれるのではないか。

 それが絶対にありえない希望であったとしても。

 それが完全にありえない未来であったとしても。

 そんな蜘蛛の糸のように拙い思いに縋らなくては生きていけないくらいに――。

 小鍛治健夜は弱い人間だった。絶望を真に受けても自殺なんて出来ないくらいには、か弱い人間だった。

10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2013/03/18 22:13:45.46 ID:qlN/jNdn0
照「小鍛治プロはね、この世の麻雀を打っている人の中で1番可哀相な人なんだと思うんだ」

咲「小鍛治プロが、1番可哀相? どういうことなの、お姉ちゃん」

照「例えば私はインターハイ時代、最強だとか無敵だとかと言われていたけれど……。
  運が悪ければ負けていた試合はあった。プロになってからはどれだけ頑張っても勝てなかったこともある。

  どうしても超えられない壁を感じたこともあった。
  だけどそれが目標になって、私の中の意地とプライドを燃え上がらせたんだ。

  ……小鍛治プロには、それが無かった。彼女は地球上で間違いなく1番強い。
  そしてその強さは、2番目に強い人がどうやったところで及びもつかず決して届かない程に遠すぎて、大きすぎて、高すぎたんだ」

咲「……嶺上の花が咲く場所よりも、もっと高い場所に小鍛治プロは居るんだね」

照「それはとても悲しい話だと思う。嶺上の花は時に人が咲かせてあげられるけど。
  小鍛治プロが居る頂まで登って、孤独を癒してあげられることの出来る人は――いない」


>>全てを読む(-1001) >>直接開く 前100 次100 最新50
投票にご協力を!

166 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2013/03/18 21:57:30  最終書き込み時刻:2013/03/19 06:45:00 


関連するスレ

灼「…同居?」 (52)
灼「え!?はるちゃんが事故!?」 (77)
灼「おばあちゃん服買ってきてくれたの!?」 (165)
灼「どうだった?この漫画」玄「もうこのオチ飽きたよ……」 (333)
灼「エバーグリーンズサポ?」哩「ああ」 (143)

この記事へのコメント

name

comment

サイト内検索

リンク

最近読まれたSS

最新コメント

1/19 JustADollviecy Блайз...
1/19 Antiknearl ...
1/19 Robertslavy Hello...
1/19 RobertJeapY Hello...
1/19 Robertdef Hello...
1/19 RobertPratt Hello...
1/19 RobertGerly Hello...
1/19 Robertcic Hello...
1/19 Robertirone Hello...
1/19 RobertUtels Hello...

Twitter

About

Contact

スポンサーリンク

SSったー!Twitter SSったー!info