2ちゃんねる,VIPのSSスレを保存。いつでもラブライブ!スレ見てニヤニヤできます。PCでもスマホでも妹スレ読めます。

人気のSSスレ 全て見る

最近取得したSS 全て見る

評価の高いSS 全て見る

P「この子が新しいアイドルですか?」 高木「うむ」

119 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2012/12/02 20:28:02  最終書き込み時刻:2012/12/03 02:43:26 

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2012/12/02 20:28:02.96 ID:yzew6ld00
キルリア「よっ、よろしくお願いします」ペコリ

P「でも何で俺に? それにこの子はあのポケモンじゃないですか」

高木「だからだよ。それに君は今社内ニートだからだよ」

P「え? そっ、そそそそんなことないですよ」

高木「残念だが、君の事は音無君や律子君から聞いているよ」

P「嘘っ!?」

高木「いやあすまんな。私もこうアイドルがみんな赤羽根君になつくとは計算外だったよ」

P「で、何故この子を?」

高木「だから、新しいアイドルだよ。彼女は私の中でティンと来てね」

P「……」

高木「で、君の新しい机は……」

P「え?」

2 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:15) : [] 2012/12/02 20:32:51.39 ID:gY7qvOzV0
続けて

3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2012/12/02 20:33:05.51 ID:yzew6ld00
高木「どうかしたかね?」

P「新しい……机?」

高木「うむ。やっぱり君と彼女には新しい環境で頑張ってもらわないとね」

P「え? 移動ですか?」

高木「そうだ。彼女は新人だ。流石にBランク以上の子と一緒に仕事とかさせるわけにはいかないだろ」

P「……そんな」

高木「最近律子君のユニットと赤羽君のプロデュースが良いのか765プロも安定してきてね、新しくフロアを借りれたんだよ」

P「え? じゃあ俺だけ……?」

高木「すまないが頑張ってくれ」

P「ちょっちょっと待ってください!」

4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2012/12/02 20:36:32.72 ID:yzew6ld00
高木「何かあるのかね?」

P「せっせめて人間のアイドルの子を1人!!」ガシッ

高木「私も聞いてみたんだが、律子君のユニットの竜宮小町はダメだった」

P「そっちはわかってます! でもやよい……やよいなら……」

高木「……」フルフル

P「」ズーン

高木「メッセージは受け取ったよ」

やよい『やっぱり私は赤羽根プロデューサーにプロデュースしてもらいたいなーって』

P「……じゃっじゃあ雪歩」

高木「いや、全員同じだったよ」

P「…………」

キルリア「あ、あの……迷惑でしたか?」オロオロ

5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2012/12/02 20:36:47.80 ID:tD2G0W6F0
アイマスだと思ったらポケマスだったでござる

6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2012/12/02 20:41:20.90 ID:yzew6ld00
P「えと、キルリアちゃんで良いんだね?」

キルリア「はい! ついこの前レベル20になったピチピチです!」

P「そっそうなんだ。特技はあるかな?」

キルリア「はい! サイコパワーを操って未来を見ることが出来ます!」

P「サイコパワー?」

キルリア「超能力だと思ってください」

P「ま、まあわかった。じゃあ明日からさっそく営業にでも回ってみようか」

キルリア「はい! あのプロデューサーさん」

P「なんだい?」

7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2012/12/02 20:43:33.57 ID:yzew6ld00
キルリア「私はなれますよね?」

P「してみせるよ」

キルリア「! ありがとうございます」

P「うん。頑張ろうね」

キルリア「はい!」

P(とは言ってみたけど……どこに売り込めばいいか全くわからない)

P「とりあえず、普段のところに回ってみるか」

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2012/12/02 20:43:40.51 ID:SCYCbmZy0
NTRの必要はあったのか?

9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2012/12/02 20:50:16.05 ID:yzew6ld00
次の日

P「とりあえず、今日は歌を作ってくれる作曲家さん達に挨拶だ」

キルリア「はい! 緊張します!!」

P「普段道理でいいからね。挨拶だけであとは俺が話するから」

キルリア「お行儀よくしていればいいんですね」

P「うん。そうして貰えると助かる」

キルリア「わかりました!」

10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2012/12/02 20:50:30.50 ID:u6iXVmM4O
キルリア!


>>全てを読む(-1001) >>直接開く 前100 次100 最新50
投票にご協力を!

119 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2012/12/02 20:28:02  最終書き込み時刻:2012/12/03 02:43:26 


関連するスレ

P 「ちーす、俺が新しい曲作ったぞー。俺がね」 (166)
P 「アイドルがトイレに入ってる時に電気を消す」 (164)
P•春香「好きだ(です)」 (52)
P5でキャラが攻撃の時「ペルソナァッ!」って言うけど (52)
PAC3「俺の射程は20km、命中率は秘密、東京と他一部に居るぜ。テポドンは俺に任せろ!」←… (55)

この記事へのコメント

name

comment

サイト内検索

リンク

最近読まれたSS

最新コメント

6/24 Сергей Захаров День...
6/24 Summer Waldman Howdy...
6/24 DavidScume Выездно...
6/24 DavidblUct Выездно...
6/24 rangle til barnevogn The...
6/24 名無しさん@SSったー! 男は平均点が低...
6/24 sandaler str 20 The...
6/24 Raymondbeacy ...
6/24 kylling i paprikasovs The...
6/24 catrinas pizza juelsminde tlf The...

Twitter

About

Contact

スポンサーリンク

SSったー!Twitter SSったー!info