2ちゃんねる,VIPのSSスレを保存。いつでもラブライブ!スレ見てニヤニヤできます。PCでもスマホでも妹スレ読めます。

人気のSSスレ 全て見る

最近取得したSS 全て見る

評価の高いSS 全て見る

P 「ちーす、俺が新しい曲作ったぞー。俺がね」

166 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/12/01 15:34:57  最終書き込み時刻:2011/12/01 21:24:53 

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : [] 2011/12/01 15:34:57.97 ID:GbOswiNF0
春香「あっ、プロデューサーさんお疲れさまです」

P「あれ?春香だけなの?」

春香「他のみんなはお仕事ですよ」

P「なに?春香は仕事ないの?」

春香「……嫌味ですか?」

P「そんなんじゃねぇよ。まったく歪んだ取り方をするんだから」

春香「そういえば新しい曲を作ったんですよね?」

P「あっ、そう。そうなの。なに?聞く?聞いちゃう?今から?音を楽しんでみる?」

春香「そ、そこまでいうなら……」

P「じゃあはいこれ。一曲目だから」

春香「それじゃあ聞いてみますね」イヤホンイン

2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : [] 2011/12/01 15:36:33.69 ID:GbOswiNF0
春香「♪♪♪〜」

P「どう?どうなの?ねぇ?良いでしょ?良い曲でしょ?とても素敵だとは思わないかい?」

春香「あの、今聞いてますから……」

P「これね、俺なの。俺が作ったの?凄くない?ねぇ?俺ちゃんとプロデューサーしてんだよ?凄いでしょ?」

春香「だから今はちょっと……」

P「それにね、それ歌ってんの俺なの。どう?これは凄くない?歌もうたえるプロデューサーだよ?TKより凄いでしょ?」

春香「えっ、嘘!?……うっそだー」

P「いやマジで。マジでこれはマジ」

春香「女の私でもが高いかなってところがあるのに、男のプロデューサーさんが歌えるわけないじゃないですか。それにこれ完璧の女の子の声ですし」

P「ノンノンだ、ノンノンだよ春香君。男はずっと男の声だとか、女より高い声が出ないなんて常識に捕らわれてちゃノンノンだよ」

春香「そこまで言うなら証明してくださいよ」

P「ちょって待って……あーあー……これならどう?」

春香「うわっ!ほんとに女の子の声が出てる!?しかもちょっと可愛い!!気持ち悪い!!」

P「え、やれっつってその反応はひどくない?」

3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : [] 2011/12/01 15:37:25.01 ID:GbOswiNF0
春香「なんですかその無駄なスキルは!」

P「無駄じゃないだろ、これのおかげで仮歌うたえたんだから」

春香「うっ……確かに無駄ではなかったですね」

P「そうだろそうだろ、この世に無駄なものなんてないのだ」

春香「なんでそんなこと出来るんですか?」

P「気付いたらみたいな?なんかまぁそんな感じ」

春香「なんかまぁそんな感じで私より高い声が出せるなんて……」

P「まぁまぁ、そう凹むもんじゃない。人には誰にでも才能や特技があるんだから」

春香「じゃあ私の才能ってなんなんですか?」

P「え?あー……お菓子作りなんじゃない?」

春香「趣味ですよ、それは」

P「じゃあドジ」

春香「才能になるんですか、それは……」

4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : [] 2011/12/01 15:38:00.51 ID:GbOswiNF0
P「なんだね、君は。文句が多い子だね」

春香「プロデューサーさんがそれっぽいことを言わないからじゃないですか!」

P「じゃあもう腹黒でいいじゃん。よし!春香の才能は腹黒!これに決定!おめでとう!」パチパチパチパチ

春香「ちょっ、なんですかそれ!?そんなのが私の才能なんですか!?」

P「そりゃあもう腹黒が春香の才能に決定したもん、そうだよ。じゃあ俺は春香と違って、次のお仕事がありますのでここでおさらば」

春香「納得いきません!それになんで私と違ってなんてバカにするんですか!」

P「だってお前に仕事ないのは最近なんか悩んでるからだろ?」

春香「な、なんでそれを?」

P「あまりプロデューサーをなめないほうがいい」

春香「えっ、気付いてたんですか?私が悩んでることに」

P「いや本当は、千早から最近春香が悩んでるみたいって相談されて知った」

5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : [] 2011/12/01 15:38:33.73 ID:GbOswiNF0
春香「プロデューサーさん……なんでそれ黙っとかないんですか……」

P「だって嘘はついちゃダメじゃん?それが大切な人になら尚更じゃん?」

春香「じゃあなんで最初嘘ついたんですか!?」

P「ノリみたいな?つーかもういいだろ、この話は。それでお前の悩みだけど、どうせどっかのディレクターかなんかに地味とか言われたんだろ?」

春香「な、なんでそれを!?」

P「だって春香地味だもん、俺がディレクターだったら確実に言ってるし」

春香「ぐっ……!」

P「あのねぇ、そんなことでいちいち悩んでんじゃないよこの子は」

春香「プロデューサーさんは地味なんて言われたことないから、そんなことが言えるんですよ!」

P「確かにそんなことないけどね。でもさ、地味って言われるってことは地味さが目立ってるってことだろ?」

春香「……どういうことですか?」

P「だからね、地味って言われるのは本当に地味な奴だけなんだよ。たまに地味とも言われずナチュラルに存在忘れられる奴いるだろ?そいつらよりかマシだよ」

6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : [] 2011/12/01 15:38:55.25 ID:GbOswiNF0
春香「でも納得いきません」

P「つーかお前、地味以前に腹黒じゃん」

春香「だからその腹黒ってなんなんですか!?」

P「じゃあ汗水垂らして必死になって働いてる人を見て、お前はどう思う?」

春香「……素敵だなって思いますよ」

P「本音は?」

春香「そんなに頑張っても、年収が私の月給の半分にも満たないなんて可哀相だなって思います」

P「ほら出た腹黒!……つーか俺のこともそう思ってんの?」

春香「いえ!プロデューサーさんのことは凄い人だって思ってますよ!」

P「……本音は?」

春香「とっととおっ死ね、この糞野郎」

P「え、なにこのここわい」

7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : [] 2011/12/01 15:39:23.70 ID:GbOswiNF0
春香「なにがプロデューサーだよ糞野郎、てめぇなんてハナっから誰も望んでねぇんだよ」

P「え、まだいうのこわい」

春香「それにあんな変な曲聞かせやがって、あんなん歌うくらいなら死んだほうがまだマシだし」

春香「おめぇなんて犯されまくって、ケツに出された精子を口から垂らしながら死ね」

P「もうやめて!プロデューサーのライフはゼロよ!」

春香「ハッ!?私は今までなにを!?」

P「とりあえず……お前が俺をどう思ってるかよく分かった」

春香「い、いえ!その、あれはですね?なんというか……言葉のあやというか……」

P「言葉のあやなんかじゃすまされないよ!大人なめんじゃないよ!」

春香「す、すみませんでした……」

P「……とりあえず、その腹黒さを出していけば地味とはもう言われねぇよ」

春香「でも……アイドルがあんなこと言っていいんでしょうか?」

P「いいんじゃない?でも、発言はちゃんとテレビで流せるレベルにしないとダメだけど」

春香「さすがにケツから出された精子云々はいけませんよね」

P「そこはもうアイドルなんかより人としてどうこうのレベルだよね、うん」

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : [] 2011/12/01 15:39:30.16 ID:hID4Qwy70
なんか前見た

9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : [] 2011/12/01 15:40:03.04 ID:GbOswiNF0
P「それじゃあ俺、マジで仕事行かないといけないから」

春香「本当に仕事あったんですね」

P「なんなの?俺、狼少年だとでも思われてるの?」

春香「あの、プロデューサーさん」

P「なに?結構マジで急がないとヤバいんだけど」

春香「プロデューサーさんのおかげで悩みが解決しました。ありがとうございます」

P「いやうん……でもあれで良かったのか?」

春香「はい!これから腹黒キャラでバリバリ頑張りますね!」

P「それはほどほどにしてね?そんなことしたら、きっと事務所の電話パンクするから」

春香「ちゃんと分かってますよぉ〜」ウフフ

P「コイツ、絶対分かってねぇ。でもまぁいいやもう、時間ないし。そんじゃお留守番よろしく」ガチャリンコ

春香「はい!行ってらっしゃい、プロデューサーさん!」

10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : [] 2011/12/01 15:40:45.65 ID:GbOswiNF0
あずさ「はぁ……」

P「おや?ため息とは幸せに近付いているね、あずささん」

あずさ「あっ、プロデューサーさんお疲れさまです」

P「あずささんもお疲れですな。それでなに?なんかあったの?ケツでも揉まれたの?」

あずさ「いえ、そういうことはされてませんね。……ちょっと悩みがあるんです」

P「なに?悩み?どんな?おじさんに話してみるがいいぞ」

あずさ「いいですけど……あの、笑わないでくださいね?」

P「なにそれ?笑えっていうフリ?」

あずさ「そんなこと言うなら話しません」

P「なによもう、冗談通じないんだから。笑わないから話してみなさい」

あずさ「それじゃあ話しますけど……運命の人ってなかなか出会えないものですね」

P「……え?それだけ?」

あずさ「はい、これだけですよ」

P「笑いどころは?」

あずさ「あったほうがよかったですか?」


>>全てを読む(-1001) >>直接開く 前100 次100 最新50
投票にご協力を!

166 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/12/01 15:34:57  最終書き込み時刻:2011/12/01 21:24:53 


関連するスレ

P 「アイドルがトイレに入ってる時に電気を消す」 (164)

この記事へのコメント

  1. 名前: 投稿日:2016/01/14 11:08:26
    >>158で脳内再生したらワロタ

name

comment

サイト内検索

リンク

最近読まれたSS

最新コメント

2/25 RolandFluck Всегда...
2/25 katyrp2  Blog...
2/24 RolandWaisa Всегда...
2/24 gabrielawv2  New...
2/24 jodyhg18  My...
2/24 GordgToide На...
2/24 henriettaug1  Hi...
2/24 dominiquedt1  My new...
2/24 Joumn Подскаж...
2/24 sabrinaaw3  New...

Twitter

About

Contact

スポンサーリンク

SSったー!Twitter SSったー!info