2ちゃんねる,VIPのSSスレを保存。いつでもラブライブ!スレ見てニヤニヤできます。PCでもスマホでも妹スレ読めます。

人気のSSスレ 全て見る

最近取得したSS 全て見る

評価の高いSS 全て見る

紬「いいわよ……入ってらっしゃい」唯「はいお嬢様」

81 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/06/24 01:04:24  最終書き込み時刻:2011/06/24 03:37:19 

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2011/06/24 01:04:24.11 ID:ImVWaviL0
平沢唯。彼女は私のクラスメイトであり、部活仲間であり、友達であり、そして、、、、、想い人。   だった

彼女の笑顔はそれだけで私を優しい気持ちにさせ、しぐさ一つに至るまで私を魅了した。

新入生だった私達は同じ部に入部し親友となり、そしてたくさんの時間を部活仲間達とともに共有していった。

最初は彼女持ち前の明るさに憧れていたと思っていたのだけれど、次第にその認識は間違っていたと確信するようになる。

これは友に対する情なんて爽やかなモノではないのだと。


2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2011/06/24 01:05:10.28 ID:ImVWaviL0
他人の家族の話なんて聞いてもあまり楽しいものではないけれど、彼女の口から出ればいつ聞いても飽きない、私を温かい気持ちにする物語に変わる。

彼女の瞳といったらどんな宝石よりも輝いて見えた。

妹の憂ちゃん、彼女もまた私にとってそういう存在だった。



 そんな彼女達は私のモノになった


3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2011/06/24 01:06:24.62 ID:ImVWaviL0
_____
___
__




「ねぇ、むぎちゃん。嘘だよね?」

ゆいちゃんは信じられないと言った顔でそう私に問いかけて

憂ちゃんといえばあまりの非現実感に硬直しているのか、無表情を顔に張り付け、無言だった。

私はそんな彼女たちに絶望を突き付ける役だった。

「全部本当よ、貴方達の両親は仕事で失敗して莫大な借金を負うことになった。そしてその借金のカタにこの家は差し押さえ、それでも尚返済には到底届かなかった。

そして、残額のために差し押さえとなったものはね」

二人をそれぞれ品定めをするように眺めた後にこう言った。

「ゆいちゃん、ういちゃん。貴方達なの」

この日が全ての始まりだった。

4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/24 01:06:28.62 ID:eoxl+IlB0
500円やるから完結させろよ

5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2011/06/24 01:07:33.10 ID:1Z9BpmLD0
ただでさえオワコンなのに不人気眉毛とか誰が得するんだよアホか

6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2011/06/24 01:08:34.10 ID:hQg6xnD/0
どっかでみたことあるスレタイだな
っていうか今日はけいおんss多いな

7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2011/06/24 01:08:50.90 ID:ImVWaviL0
***

春からの高校生活はとても充実したもので、まさに青春を謳歌しているといった感じだった。

学校では素晴らしい仲間たちと活動を共にし、帰宅しては愛くるしい妹と就寝までの時間を過ごす

そんな日常はいつまでも続くものだと思っていたのに、私の日常は唐突に砕かれた。

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/24 01:09:31.75 ID:B6gC4hYT0

豚眉はやめろ糞きめぇ

9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2011/06/24 01:09:41.55 ID:ImVWaviL0
_____
___
__


「唯ちゃん、今日は部活終わった後少しお家にお邪魔していいかな?」

部活動を終えてそれぞれの帰路に向かう途中、むぎちゃんはそう言った。

「んー、たぶん大丈夫だよ。今日はどうかしたの?」

むぎちゃんが私にこう声をかけて、そして家までくるなんて滅多にないことだったのでとても驚いた。

「うん。大事なお話があるの。」

大事な話?なんだろう……全く想像がつかない。

それに話ならわざわざ私のうちに来てしなくてもいいんじゃないかな?そう思ったけど、それは口にしなかった。

むぎちゃんと一緒に入れるならそれだけでいい。そういう気持ちが勝ったからだ。きっとこの時間なら成り行きで夕食を共にすることになるし、そんなどうでもいい突っ込みで貴重な機会を失うことは不必要に思えた。

わからなくてもいずれわかるし、憂に連絡を入れ私達は自宅に向かった。

10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/24 01:10:12.43 ID:eoxl+IlB0



>>全てを読む(-1001) >>直接開く 前100 次100 最新50
投票にご協力を!

81 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/06/24 01:04:24  最終書き込み時刻:2011/06/24 03:37:19 


関連するスレ

紬「000000→030303→」 (70)
紬「76Keys、76人の妖精……うひひひひ」 (94)
紬「Dendrite」 (195)
紬「FMD!」 (96)
紬「missing blow」 (127)

この記事へのコメント

name

comment

サイト内検索

リンク

最近読まれたSS

最新コメント

10/22 alyablard перевод...
10/22 Berdarischafe [url=ht...
10/22 Viktorientek [url=ht...
10/21 Terrypsype Програм...
10/21 jonks2  My new...
10/21 Robertzople Только...
10/21 Robertpoody Только...
10/21 laurahq11  Adult...
10/21 Joshuafak 台北-中和【均...
10/21 RobertLesse Только...

Twitter

About

Contact

スポンサーリンク

SSったー!Twitter SSったー!info