2ちゃんねる,VIPのSSスレを保存。いつでもラブライブ!スレ見てニヤニヤできます。PCでもスマホでも妹スレ読めます。

人気のSSスレ 全て見る

最近取得したSS 全て見る

評価の高いSS 全て見る

ハルヒ「会津藩出身、涼宮ハルヒ」

71 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/06/15 02:03:34  最終書き込み時刻:2011/06/15 07:47:13 

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/15 02:03:34.19 ID:5bLqX6hHP
耳なし芳一をいつまで信じていたかなんてことはたわいもない世間話にもならないくらいのどうでもいい
ような話だが、それでも俺がいつまで耳を持ってかれた坊さんなどという想像上の琵琶弾きを信じていたかと
言うと、これはまた確信を持って言えるが最初から信じてなどいなかった。

耳を引き千切るような平家の怨霊なんかいるわけないと理解していたし、記憶をたどると周囲にいた子供たち
もそれが本当だとは思っていないような目付きで昔話を語る寺子屋の先生を眺めていたように思う。

そんなこんなで実際に寺に入っていたわけでもないのに目が見えないからと言って琵琶を弾いてまわるという
坊さんの存在を疑っていた賢しい俺なのだが、百人斬りの武士や不死の侍や変若水を飲んだ羅刹がこの世界に
存在しないのだということに気付いたのは相当後になってからだった。
いや、本当は気付いていたのだろう。ただ気付きたくなかっただけなのだ。

2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/15 02:04:18.50 ID:5bLqX6hHP
世界の常識たるものがよく出来ていることに感心しつつ自嘲しつつ、いつしか俺は周囲の浪士共が語る
怪談話や武勇伝をそう熱心に聞かなくなっていた。
百人斬りの武士? 不死の侍? 変若水を飲んだ羅刹?
そんな者いる訳がない……でもちょっといて欲しい、といった具合にどっちつかずなことを考えるくらいには
俺も成長したのだ。

壬生狼と呼ばれた新選組に入隊する頃には、俺はそんな子供じみた夢を見ることからも卒業して、
この世の普通さにも慣れていた。
そんなことを頭の片隅でぼんやり考えながら俺はたいした感慨もなく新選組幹部となり――、
涼宮ハルヒと出会った。

3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/15 02:04:18.76 ID:qiV9knxG0
とっぴんぱらりのぷう

4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/15 02:04:37.30 ID:gdhpOF2gi
なんかハジマタ

5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/15 02:04:48.83 ID:5bLqX6hHP
局長「では新たに入隊した皆に自己紹介をしてもらおう」

まあありがちな展開だし、俺も数年前にやったことだから驚くことでもない。
右端に座っていた奴から順に一人一人立ち上がり、氏名、出身、意気込みなどを喋っていく。
欠伸を噛み殺しながら半分を聞き終えた頃、自分の耳を疑うようなはっきりとした声が聞こえてきた。

ハルヒ「会津藩出身、涼宮ハルヒ」

ここまでは普通だった。

ハルヒ「ただの浪士には興味ありません。この中に百人斬りの武士、不死の侍、変若水を飲んだ羅刹
がいたら、拙者のところに来なさい。以上!」

さすがに眠気も吹き飛んだね。
ここ、笑うところ?

6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/15 02:05:32.59 ID:gYd3ynJV0
ははわろす

7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/15 02:05:38.35 ID:5bLqX6hHP
長くてまっすぐな黒い髪を後ろできゅっと結び、隊士全員の視線を傲然と受け止める顔はこの上なく整った
目鼻立ち、意思の強そうな大きくて黒い目を異常に長いまつげが縁取り、薄く桃色の唇を固く引き結んだ
まるで女のように見える新入隊士。

こうして俺たちは出会っちまった。
しみじみと思う。偶然だと信じたい、と。

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/15 02:06:24.26 ID:5bLqX6hHP
多くの隊士を混乱に陥れた自己紹介から数日後、忘れもしない、朝の稽古が始まる前だ。
涼宮ハルヒに話しかけるという愚の骨頂なことを俺はしでかしてしまった。

キョン「なあ、初っ端の自己紹介のあれ、どの辺まで本気だったんだ?」

ハルヒ「自己紹介のあれって何」

キョン「いやだから百人斬りの武士がどうとか」

ハルヒ「あんた、百人斬りしたことあんの?」

キョン「いや……ないけどさ」

ハルヒ「ないけど、何なの」

キョン「……いや、何もない」

ハルヒ「だったら話しかけないで。時間の無駄だから」

思わず「すみません」と謝ってしまいそうになるくらい冷酷な口調と視線であった。
というか俺はこれでも幹部なのだから敬語くらいまともに使ってほしいものなのだが。
ちなみに、後でわかったことだが涼宮ハルヒは俺の率いる八番組に入ることになるのであった。
やれやれ。

9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2011/06/15 02:07:24.03 ID:sFH58mnQ0
期待

10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/06/15 02:07:29.29 ID:kxqfOU/Q0
暇すぎwwwww


>>全てを読む(-1001) >>直接開く 前100 次100 最新50
投票にご協力を!

71 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/06/15 02:03:34  最終書き込み時刻:2011/06/15 07:47:13 


関連するスレ

ハルヒ(28)「人生ナメててすいませんでした」 (70)
ハルヒ「>>5をするわよ!」 (106)
ハルヒ「>>5をするわよ!」 (86)
ハルヒ「30歳まで童貞だと魔法使えるようになるんだって」 (160)
ハルヒ「>>3よ!今日は>>3をするわ!」 (482)

この記事へのコメント

name

comment

サイト内検索

リンク

最近読まれたSS

最新コメント

10/17 ViktoriWaing [url=ht...
10/17 Robertgar Только...
10/17 RobertFaump Только...
10/17 Robertacump Только...
10/17 Viktorifum [url=ht...
10/17 BerdarisPen [url=ht...
10/17 Eleanorgum Вечер...
10/17 Berdarischafe [url=ht...
10/17 ViktoriCleah [url=ht...
10/17 leelr16  Hi...

Twitter

About

Contact

スポンサーリンク

SSったー!Twitter SSったー!info