2ちゃんねる,VIPのSSスレを保存。いつでもラブライブ!スレ見てニヤニヤできます。PCでもスマホでも妹スレ読めます。

人気のSSスレ 全て見る

最近取得したSS 全て見る

評価の高いSS 全て見る

杏子 「本当の奇跡ってのを、おこしてやろうじゃねーか。」

132 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/05/08 13:30:15  最終書き込み時刻:2011/05/08 18:40:36 

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/05/08 13:30:15.33 ID:cWPachdm0
杏子  「さやか?おい、さやかはどうした?」

マミ   「行ってしまったわ。円環の理に導かれて」

マミ   「ミキさん、さっきのあの一撃に、すべてに力を使ってしまったのね。」

杏子  「バカやろう。惚れた男のためだからって、自分が消えちまってどうするんだよ!」

杏子  「ばか・・・やっと友達になれたのに・・・」

マミ   「それが魔法少女の運命よ。この力を手に入れたときからわかっていたはずでしょう。」

マミ   「希望を求めた因果は、この世に呪いをもたらす前に、私達はああやって、消え去るしかないのよ。」

ほむら 「・・・まどかっ」

マミ   「ん?あけみさん?まどかって・・・」

杏子  「誰だよ?」

2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/05/08 13:30:31.72 ID:WmMiodEN0
      /: : : : : : : : : :/=ミ__V\ V: : : : /     l: ハ: : : : : : : : /: : : : : : : : :}
      l : : : l :!: : : :〃  二ヾミ、\V: : :/     l: ! l: : : : : : : /: : : : : : : : : :!
      {: ハ´l:ハ: : : / ん: . : } 〉` ゝ∨{     // !: : : : : :/j: : : : : : : : : : }
      {: ハ Vヘ: : { _{‐し: ソ       ∨`ー--/─/:-:、:_/ l : : : : : : : : : :,′
      ∨ !∨ ヽ:{  ` ‐´             テ二/=≦ノ`ヽ: : : : : : : : : :l
         !: {  V   //             ん: : :ィ´ ヾz/:/: :/: : : : : : !
         Vハ             ´         {‐:し :リ / /:/: :/: : : : /: :/
          Vハ      ┌v--  _      `'ー'く    /:イ: :/: : : : //:/
         l: : :\      {     `ーv┐/ / / / /://:/: : : : //:/
.        l: : : : :γ´,...-‐-ミメ、     ノ         /:/7:/: : : : イ レ′
        /: : ,:´,´./ ,.-‐-、.刈ハ. ̄ ̄        /´ /:/: : /: l
-‐…‐-'_  l : :  / l l. {: :} l l≧:.. ___.... -‐=¬=-、―  : : {
  /¨,-‐… 7 . 八圦 `‐-‐' ,' 厂`Y   /        `ヾ: : {
. /  {    /.Y¨Y .ゞ.,`=‐-‐ 彡.1辷7―‐-/               ∨|
. !   ',     /  !:::::::::`¨ニ¨´::::::|// `ヽ/                 ∨
. | >'´`ヽ:. /.i⌒i:::::::::::::::::::::::::::::::|/⌒) (  , -―-         j
\! .Уヽ   (./ ./:::::::::::::◯:::::::::::::!  / ∧/ , -‐-、. \        〈
. /   ヾ .〈  ヾ::::::::::::::::::::::::::::::! 入 _〈_/    \ \       ∨


3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2011/05/08 13:32:12.68 ID:cWPachdm0
次の日

杏子  「はぁ・・・」

QB   「なんだい。らしくないじゃないか。ため息なんて。」

杏子  「ああ、QBか。」

QB   「悩み事かい?」

杏子  「うん。」

杏子  「らしくねえだろ。笑ってくれよ。」

QB   「笑ったりはしないさ。普段悩み事なんかしない君のことだから、笑いとばせるような軽い悩みではないんだろう?」

QB   「僕らには感情がないから悩むことなんてないが、それでも人間の悩みに至るプロセスについて多少の理解はしているつもりだよ。」

杏子  「・・・さやかのことなんだけど」

QB   「やっぱりそのことかい。」

杏子  「穢れが溜まるとなんでソウルジェムは消えるんだ?なぁ、なんとかしてさやかのソウルジェムを取り返す方法ってないのかな?」

QB   「まあ確かに、浄化しきれなくなったソウルジェムがなぜ消滅してしまうのか、その原理は僕たちにも解明できてない。」

QB   「ただ、いままで何千人という魔法少女を見てきたぼくでも、消滅してしまったソウルジェムがのちに発見されたという例は見たことがない。」

杏子  「・・・」


4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/05/08 13:34:48.74 ID:cWPachdm0
QB   「前例はないが、可能性はあるかもしれないよ。」

杏子  「?」

QB   「あくまで仮定の話だ。、ソウルジェムは消滅ではなく、転送されているとしたら。」

QB   「それこそ、人間界で言う『天国』に似た世界に。」

杏子  「何が言いたいんだ?」

QB   「転送されているなら、僕らが起こす奇跡で取り戻せるってことさ。」

QB   「消滅してしまったソウルジェムなら、仮に奇跡を願ったとして、まったく同じものは作れない。」

QB   「外見は同じでも、記憶や性格には、願った人の影響を受ける。」

杏子  「転送と消滅の違いって、そんなに大事なのかよ?どっちにしろ消えるんだし、奇跡で復活するんだろ?」

QB   「うーん・・・どう説明すればいいか・・・」


5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/05/08 13:39:07.84 ID:33ouJgme0
スペースがきになる

6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/05/08 13:40:02.43 ID:cWPachdm0
QB   「またまた仮定の話で申し訳ないが、仮に杏子が、消滅したさやかのソウルジェムを取り戻す奇跡を願うとする。」

QB   「ソウルジェムは出来上がるだろう。だが、それには杏子の中のさやかに少なからず影響を受ける。」

QB   「出来上がるのは、『杏子の心の中のさやか』なんだ。」

QB   「つまり、消滅した元のさやかとまったく同じソウルジェムを取り戻すことは、ぼくらが起こす奇跡では不可能なんだ。」

杏子  「・・・」

QB   「だが、ソウルジェムが天国に転送されているとしたら。」

QB   「さやかのソウルジェムを取り戻すという願いは、天国的などこかから現世へ再転送するという形で叶えられる。」

QB   「その場合に生まれるソウルジェムは、以前のさやかとまったく同じものになるはずだ。」

杏子  「・・・なんとなくだが理解した。」

QB   「どちらに転ぶかはわからない。確かめる方法なんて無いしね。」



7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/05/08 13:44:04.49 ID:yYPflpBj0
台詞と名前の間のスペースはいらないと思うよ

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [sage] 2011/05/08 13:45:52.60 ID:cWPachdm0
QB「それに、そもそもさやかを取り戻したいと願ってくれる人がいなきゃいけない。」

QB「さやかのことを知り、かつ魔法少女の素質がある誰か。」

杏子「・・・探すのは難しいかもな。」

QB「正直なところ、人間にはこれだけの固体数がいるのに、さやかの生死にだけこだわる気持ちは僕には理解できないんだけどね。でも杏子が試したいというのなら、協力はするよ。」

QB「さやかの復活と、新たな魔法少女の誕生。そのこと自体は価値がある。魔獣に対抗できる戦力は、多いほうが望ましいし。」

杏子「ありがとよ。」

杏子「とりあえずは、さやかと同じ学校のやつらから探してみるか。」

杏子「明日、魔獣退治はお休みさせてもらっていいか?校門で張り込みするわ。」

QB「うん。マミたちには伝えておく。けど、僕も張り込みにまわるよ?」

杏子「あん?いいよ。一人で十分さ。」

QB「杏子は魔法少女の素質を見抜けるのかい?」

杏子「あ・・・」

QB「まあそういうこと。気にしないで。いつもグリーフシード食べさせてもらってるお礼さ。」


9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/05/08 13:49:52.78 ID:cWPachdm0
杏子「あ、そうだ。話は変わるが、QBは『まどか』って誰か知ってるか?」

QB「『まどか』?知らないなぁ。少なくともいままで契約した魔法少女にはいないよ。」

杏子「昨日、ほむらがつぶやいていたのが気になったから。」

QB「なんだい。気になるなら昨日のうちにほむらに聞けばよかったんじゃないか。」

杏子「そうなんだが・・・」

QB「?」


10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/05/08 13:54:51.54 ID:cWPachdm0
杏子「『円環の理』が何なのか問いただすのに夢中になって、忘れちまったんだ。」

QB「どこの厨二病患者が・・・ってマミか。」

杏子「よくわかったな。」

QB「それなりに長い付き合いだからね。」

杏子「あれさえなけりゃ、結構いいやつなんだけどな。」

QB「たまにどういう反応したらいいか困るんだよね。」

杏子「ティロ・フィナーレとか大真面目な顔で言われると、ついついにやけてしまって。」

QB「いままでいた何千人の魔法少女でも、必殺技に名前をつけていたのは数えるほどしかいないよ。」

杏子「少しはいたのか。マミみたいな奴も。」

QB「うん。少しはね。」


>>全てを読む(-1001) >>直接開く 前100 次100 最新50
投票にご協力を!

132 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/05/08 13:30:15  最終書き込み時刻:2011/05/08 18:40:36 


関連するスレ


この記事へのコメント

name

comment

サイト内検索

リンク

最近読まれたSS

最新コメント

5/21 Regina Mub [url=ht...
5/21 Harrygaino положит...
5/21 HarryRoums достойн...
5/21 Harryuseds отличны...
5/21 Romeodreda классны...
5/21 Gloreta bem [url=ht...
5/21 Regina Tap [url=ht...
5/21 Regina jem [url=ht...
5/21 Regina bex [url=ht...
5/21 Kristina nix [url=ht...

Twitter

About

Contact

スポンサーリンク

SSったー!Twitter SSったー!info