2ちゃんねる,VIPのSSスレを保存。いつでもラブライブ!スレ見てニヤニヤできます。PCでもスマホでも妹スレ読めます。

人気のSSスレ 全て見る

最近取得したSS 全て見る

評価の高いSS 全て見る

紬「びたー・すいーと・ゆいたいむ」

55 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/02/17 03:11:19  最終書き込み時刻:2011/02/17 16:53:28 

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/02/17 03:11:19.41 ID:FtTz88cf0

 回り道をして部室に行くのなんて初めてだった。
 放課後なんだからすぐ部室に行けばいいのにわざと遠回りしてしまう。
 今日は特別な日だからしょうがないけれど、もどかしいな。

 本当はすぐ唯ちゃんに会いに行きたいのに、足が、胸のどきどきがいじわるする。
 わざと二階で立ち止まってみたり、窓の外の枯れ枝に止まった小鳥を目で追ってみたり。
 りっちゃんたちはまだ掃除当番だけど、もう唯ちゃんは待ってるに違いない。
 でも胸のどきどきが私をうまく部室に連れていってくれない。

 どうしよう?
 私は握り締めた小さな袋に問いかける。
 大丈夫、だよね? 大丈夫だよ……何度も練習して、おいしく作れるようになったんだもの。……本当に?

和「――さっきからどうしたのよ」

紬「え?! ……うん、なんでもないよ。いま軽音部行くところ」


2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/02/17 03:15:01.85 ID:+P9KEiYoO
ブァーヴのあれか?

3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/02/17 03:16:05.01 ID:UA45EGD+P
ふむ

4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/02/17 03:16:56.46 ID:FtTz88cf0

和「そんなに驚かなくてもいいのに……」

 見られちゃった。
 和ちゃんはちょっとあきれた、ふしぎそうな目で私を見てる。じいっと。
 なんだかどぎまぎしちゃって、逃げるみたいに階段をのぼる。
 ちょっとつんのめりそうになっちゃう。

 そんなことばかりしてるから、もう手の甲が冷えてきてしまいそう。
 でも。手が冷えたら、もしかしたら唯ちゃんにあっためてもらえるかも……。
 なんて、それはちょっとよくばりすぎかな。

和「唯はもう行ってるわよ?」

紬「うん、私もすぐ行くよ」

 ちょっとあせって音楽室への階段に向かう。
 ばれなかったかな? 和ちゃん、読めないところあるからこわいな……。


5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/02/17 03:21:41.01 ID:FtTz88cf0

 なんだかたどたどしい私の足は、やっと部室に連れていってくれた。
 部室のドアを開けようとする。ドアノブをにぎる。指の隙間に冷たさが染みこむ。
 胸のどきどきが聴こえるほど大きくなる。
 ……うまくいかない。
 初めてこの部室に入った時みたいに、ドアを開けるだけで緊張してしまう。

 こっそり深呼吸をして、ドアをおそるおそる開けてみる。
 するとちょうどギー太くんを取り出した唯ちゃんが向こう側にいた。

 唯ちゃんはとってもかわいくて、あったかくって、だけどときどき別人のようにかっこよく見える。
 万華鏡のようにきらきらと姿を変える唯ちゃんは、実は私のあこがれの人。
 唯ちゃんがくれたホットミルクのように温かい気持ちは、もう私の心からあふれ出してしまいそうだった。
 伝わればいいな。伝わなくてもいいかな。でも、伝わってほしいな。
 ぼんやり思いながら、ギターをつまびき始めた唯ちゃんにしばらく見とれちゃった。


6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/02/17 03:22:52.46 ID:7zd71SEj0
これは期待

7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/02/17 03:23:02.44 ID:ECkPfjO3O
びたぁ〜すぃ〜しんふぉにぃぃぃ〜wwww

8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/02/17 03:23:30.53 ID:zWxwB6toO
SSで地の文書くやつがきもちわるい

9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/02/17 03:27:12.72 ID:FtTz88cf0

唯「……あ、ムギちゃん」

 どきん。
 ふいにふわっと笑顔を向けられてしまう。
 ひときわ大きく高鳴って、背中を押されたみたいに部室に入ってしまった。

唯「なんだあ、聞いてたんだ」

紬「ごめんね……あんまりきれいだから、盗みぎきしちゃった」

 唯ちゃんはにこにこと私を見つめる。
 幸せだったけど……手の中の袋が、また不安を呼んできてしまった。
 ぎゅっとにぎる手に汗がにじんで熱がこもってしまう。


10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします: [] 2011/02/17 03:27:14.66 ID:rHFvjH8JO
支援


>>全てを読む(-1001) >>直接開く 前100 次100 最新50
投票にご協力を!

55 Res  dat落ち(DL)  スレ立て時刻:2011/02/17 03:11:19  最終書き込み時刻:2011/02/17 16:53:28 


関連するスレ

紬「000000→030303→」 (70)
紬「76Keys、76人の妖精……うひひひひ」 (94)
紬「Dendrite」 (195)
紬「FMD!」 (96)
紬「missing blow」 (127)

この記事へのコメント

name

comment

サイト内検索

リンク

最近読まれたSS

最新コメント

10/17 Eleanorgum Вечер...
10/17 Berdarischafe [url=ht...
10/17 ViktoriCleah [url=ht...
10/17 leelr16  Hi...
10/17 Willietarie Нужны...
10/17 Eleanormoora Утро...
10/17 Viktorientek [url=ht...
10/16 kylerb11  Sissy...
10/16 SergioLaF Английс...
10/16 Eleanordem День...

Twitter

About

Contact

スポンサーリンク

SSったー!Twitter SSったー!info